『M-1グランプリ2009』 楽しめました。

0

     毎年恒例になっている『M−1グランプリ』。今年は前半、ちょっと全体的に緊張気味で重い雰囲気でしたが期待していた笑い飯が大爆発。ホント、面白かったです。
     決勝3組の中で個人的には笑い飯が一番面白かったんだけど、残念。応援していただけに、感情的に一番面白く感じたのかな。まあ、一本目のネタは文句なしで今回の全てのネタで一番面白かったのは間違いないでしょう。

     あまり知らなかったんだけど、ハライチも良かった。もう一つネタを見たかった感じ。
     あと、やっぱりナイツはうまかった。普段、演芸場で自分たちを見に来ていない客を笑わせるという立場でやっているわけですから、場馴れは相当なものでしょう。来年以降にもかなり期待できそう。決勝に進んでもおかしくないと思いましたからね。
     優勝したパンクブーブーは面白かったけど、もう1つ爆発があっての優勝を見たかったな。安定した笑いという印象でして。面白いは面白いんですけど・・・。やっぱり、笑い飯を贔屓目で見過ぎかもしれませんな。


    スポンサーリンク



    今年の『M−1グランプリ2008』の優勝は、NON STYLE。

    0
       今日は毎年年末恒例の『M−1グランプリ』が放送。今年の出場組はダイアン、笑い飯、モンスターエンジン、ナイツ、U字工事、ザ・パンチ、NON STYLE、キングコングに敗者復活を勝ち上がったオードリー。
       今回は事前に僕の予想はアップしなかったのですが、優勝はダイアン、対抗キングコングに穴でNON STYLE。そろそろ優勝をみたいのが笑い飯といった感じでした。ダイアンは関西のほうではよく見るし、個人的にも好きだし、面白いと思っておりまして今年はくるんじゃないかなと。対して、去年の出来の良さが出れば前評判の通りにキングコングがくるかなと。個人的にはあまり好きではないんですが。穴としてあげていたNON STYLEは、やっぱりNHK新人演芸大賞なんかの受賞を見ているんで実力派確かだと知ってましたから。

       結果としてはNON STYLEが優勝だったわけですが、やはりネタの出来が良かった。正直、NHK新人演芸大賞の放送を観たときは面白くともNON STYLEのスタイルが好きじゃなかった。でも、今回は面白かったなぁ。よく出来ていたとしかいいようがない。
       決勝に残ったナイツは、寄席芸人の意地をみせてくれました。決勝のネタはいまいちでしたが、最初のネタは確かに抜群でした。僕一押しのロケット団もM−1に出ないかなぁ。敗者復活から勝ち上がったオードリーはもうけもん。オードリーって春日が目立ってるけど若林の突っ込みが上手い。個人的にはかなり注目しているコンビなんで、M−1の舞台で観れたのは良かった。
       今回は他もレベルが高かった感じがします。僕がチェックしていたキングコングとダイアンは期待外れでしたが。笑い飯はもうひとネタ観たかった感じがしますし、モンスターエンジンも良かった。初めて観たU字工事は決勝に進むんじゃないかなと思ったくらい良かった。最後の挑戦のザ・パンチは緊張し過ぎで普段の実力が全く出てなかったけど、このコンビも好きなだけに今後もチェックしたいところ。
       まあ、今年も大いに笑わせてもらいました。これで、M−1も8年目、優勝コンビも8組。チャンピオン大会ができるじゃない。やって欲しいなぁ〜。今までも優勝者から一番を決めるんだったら、僕の予想では中川家、対抗ブラックマヨネーズかな。



      『M-1グランプリ2007』の結果。

      0
         今日は一日出かけていたんで、さっき録画していた『M-1グランプリ2007』を観終わる。う〜ん、どうも今年は微妙。ちなみに、僕の予想は、決勝進出したコンビを観て麒麟、タイムマシーン3号、東京ダイナマイト、アジアン、NON STYLEなどの実力派がいる敗者復活組みが勢いで優勝か、はたまたトータルテンボスと踏んでいたんですが・・・、いゃ〜確かに予想はかなり近かったけどサンドウィッチマンというコンビの名前も知らなかったし予想が当たったとは威張れませんわなぁ。実際、本命・トータルテンボス、対抗・麒麟、穴・笑い飯って考えてましたからねぇ。

         まあ、予想が当たったかどうかというのは置いといて、今年の総括とでも言いましょうか、僕の感想はやっぱり冒頭の「微妙」といったところでしょうか。確かに、今年は観た感じサンドウィッチマンが断トツに面白かったし、トータルテンボスの準優勝も頷けます。でも、例年に比べると全体的なパワー不足も否めないのではないでしょうか。
         確かに面白いけど漫才の面白さかと言うと違う感じのザブングル。どうもあまりにも世界がイってしまって付いていけなかった感がする笑い飯とPOISON GIRL BAND。どこが面白いのかと悩んでしまったハリセンボンに、バタバタし過ぎで勢いだけしか感じられなかったキングコング。面白かったけど、今一歩感が漂う千鳥にダイアン。これが僕の感想なんですが、どうでしょうかねぇ〜?
         あと、今年は断トツに爆笑したネタがなかったというのも全体的なパワー不足の原因なのかもしれません。過去を振り返るとアンタッチャブルとかブラックマヨネーズとか優勝者は断トツの面白さがあったような気がしましたもんね。まあ、僕の感覚的なものがあるのかもしれませんがね・・・。



        今年のM-1決勝進出コンビが発表されたようで。

        0
           ここ数年、年末になると気になること。第1は年末に行われる格闘技の大イベントについて。これはもしかしたら今年で最後になるかもしれませんなぁ〜。まぁ、数局で年末の数時間という枠で格闘技を民法で放映するというのも異常なわけで、仕方がないのかなと。
           もう1つこの時期になると気になるのが、『M-1グランプリ』。お笑いブームといわれる昨今ですが、個人的には内容がない芸人ばかりで辟易しているのですが、年末の『M-1 グランプリ』は毎年注目しております。このお笑いブームも格闘技と同じで、だんだんと下火になってきた感じはあるんですが、今年の決勝進出コンビを見て何だか決定的な感じがしたのは僕だけでしょうか。だって昨年までに比べるとパワー不足な感じがしてしまうんだもんなぁ〜。キングコングとハリセンボンって漫才やらしたら面白いんでしょうか?キャラクター先行、テレビの露出先行でなければいいんですがね。

           以下が今年の決勝進出コンビの一覧となっております。
          笑い飯、POISONGIRLBAND、ザブングル、千鳥、トータルテンボス、キングコング、ハリセンボン、ダイアン

           今年は本戦出場者と同時に、審査員が誰になるのかというのも問題になっているようですね。中田カウスと島田洋七の2人はずっと審査員をしてきたんですが、色々騒動がありますからねぇ。どうなるんでしょうか。



          『やりすぎコージーDVD 6 明るい所ではしゃべれない 天王洲猥談』

          0
             『やりすぎコージー』のDVD第6弾。今回収録されているのは「明るい所ではしゃべれない 天王洲猥談」。これは本当に最低の内容。くだらなさすぎますな。終始エロトークが収録されているわけでして、これこそ深夜番組とでもいいましょうか、今のテレビ界でこれを放送したというのがある意味凄いですな。きっと女性の方にとっては気持ち悪くなってしまう内容かも・・・。
             今回エロトークを繰り広げているのは藤原光博(リットン調査団)、小出水直樹(シャンプーハット)、徳井義実(チュートリアル)、中川貴志(ランディーズ)、須知祐雅(ビッキーズ)、久保田和靖(とろサーモン)の6人。僕的にはシャンプーハットのコイちゃんを見れただけで満足。まあトークはいまいちでしたが。

             他に収録されているのが「宮川大輔の答えて擬音師匠!」と「やりすぎギャグ祭り」。この2本もなかなか微妙な感じでして、今回のDVDは今までの中では僕的にはハズレだったかな。



            『やりすぎコージーDVD10 傑作集 やりすぎ格闘王決定戦Vol.2』

            0
               この『やりすぎコージー』のDVDは単品で10枚ほど発売されているようですが、僕がこのシリーズを観るのは3枚目かな。この10枚目の内容は、「やりすぎ格闘王決定戦」の第2弾であります。
               この企画の第1弾の優勝者は水玉れっぷう隊アキ。もう芸人とは思えないほど格闘技にのめり込んでいるアキですが、やはり見所はこのアキを止めることができる芸人がいるのかどうか。今回参加の芸人は全て打倒アキといった感じでありましたね。
               今回の出場者は、アキ(水玉れっぷう隊)、山下しげのり(ジャリズム)、三又又三(たけし軍団)、八木真澄(サバンナ)、佐田正樹(バッドボーイズ)、レイザーラモン、森一弥(エネルギー)、クロちゃん(安田大サーカス)の8人。ただしレイザーラモンは怪我のために急きょ相方のRGの出場。
               試合内容は今回もかなり真面目。セコンドが笑いをとるという感じで、優勝は今回もアキだったのですが、裏MVPは相方のケンかもしれん。アキが勝ち進むので、それだけ露出が多かったから。今回残念だったのは、逆にセコンドのケンドーコバヤシの露出が少なかったこと。RGが一回戦で負けたのが原因。
               お笑いだけで考えるとなかなか微妙ではありますが、番組の一企画と考えれば今回もなかなおもしろかったんじゃないかな。

               で、このDVDで一番笑えたのは、「ほっしゃん。VS宮川大輔」というもう1つの企画のほう。これは腹を抱えて笑ってしまいましたね。あのほっしゃん。の無茶っぷり。笑いすぎて久々に腹が痛くなりましたな。飛んでくるバレーボールを全くよけもせず、顔面で受けて行くほっしゃん。に脱帽です。これは必見ですよ。



              ラーメンズ 第14回公演『STUDY』

              0
                 この第14回公演「study」は僕と嫁さんにとって記念的な公演であります。残念ながら生でこの公演を観たというわけではないのですが、たまたま、本当になんという理由もなくこの公演のビデオをレンタルしてきたんですよ。いやぁ、これを観た次の日にはラーメンズのBOX第1弾を購入、次の週くらいにはBOXの第2弾を購入しましたよ。完全にラーメンズにはまったのはこの公演がきっかけになったんですねぇ。
                 この公演は2003年12月26日から2004年2月26日の間に行われたようであります。公演全体の印象としては、一応の完成形(僕はそう思っております)である前回公演の「CLASSIC」から新たな発展を目指すために原点に戻った公演ではないかと思います。それまでは、公演全体で1つの流れ、1つのテーマを持たせる公演が続いたと思います。それに対してこの公演は1つ1つのネタが独立しており、そのぶん1つ1つのネタの完成度を問われる公演だったのではないかと思われます。この後の公演「アリス」「TEXT」ともまた公演全体の統一を強めた公演となっていくわけですが、その完成度の高さはこの第14回公演があったからなのではないかと、勝手に思っております。

                 今回の公演のコントは、以下の7つ。

                「study」「ホコサキ」「QA」「科学の子」「地球の歩き方」「いろいろマン」「金部」

                 どのコントも思いれが強いんですが、特に好きなのは「ホコサキ」でしょうか。あのコバケンが演じるホコサキさんは他のコントでは出てこないんですが、あれほどインパクトあるキャラクターも珍しいです。「つまり、彼が言いたいのは・・・」というセリフが完全に頭から離れません。
                 今回の公演で一番好きなコントを考える時に「ホコサキ」と最後まで迷ったのが「study」。あの万引きしたあの分けわからないキャラクターも強烈。キャラクターの強烈さで言ったら「いろいろマン」も「科学の子」に出てきた教授も凄いし。完成度で言ったら最後の「金部」も内容が濃くって好きなんだよなぁ。
                 というわけで、この公演『study』は僕的には全てのコントが好きでありまして、ラーメンズ未体験の人にもお勧めできる公演だと思います。



                『やりすぎコージーDVD4 ネイチャージモン 驚異の実態に迫る!』

                0
                   「ネイチャー」とは、自然・天然という意味を指します。じゃあ、「ネイチャージモン」とは何か、それはダチョウ倶楽部の寺門ジモンのことである。なぜに寺門ジモンがネイチャーと呼ばれ、そして番組内の1つの企画となっているのか、それはこのDVDを見れば全て分かります。
                   ネイチャージモン(以下、ネイチャー)は、様々な伝説・言葉を残しています。それが本当なのかどうか検証するのがこの企画の内容となっています。本作品では、ネイチャーの山籠もりについて、ネイチャーに動向することで検証を行う内容になっています。

                   ネイチャーの様々な伝説・言葉を一部紹介すると、僕のような格闘技好きにとって衝撃的な言葉は「ジャングルの中だったら、あのヒクソンに勝てる」というもの。ネイチャーは本気です。この番組以外で僕が聞いたことがあるのは、ミルコに勝てる唯一の日本人は自分だと豪語していたというのもあります。これは全てネイチャーにとっては本気です。
                   本作品で検証されているのは、年数回、何も持たずに山に入り数日過ごすというネイチャーの山籠もり。何度も野犬と戦い、熊に出くわし、その時その時の対処方法が紹介され、最後にネイチャーの試験によって選ばれた東野幸治、千原靖史、宮川大輔、くまだまさしの4人がネイチャーの山籠もりに同行。途中、自然の脅威に晒され、スズメバチの脅威に襲われ、オオクワガタを見つける。そんな中でネイチャーの本気の姿に翻弄される5人。途中でネイチャーの本気さから、だんだんひき始める5人。それを全く気にしないネイチャー。

                   内容ははっきり言って馬鹿馬鹿しいです。が、ネイチャーは常に本気。そして、内容はネタではない、全て本気。凄いぞ、ネイチャー。東野一向を無事下山させ、1人また山に入っていくネイチャーの後ろ姿はかっこいい、かも・・・。



                  『やりすぎコージーDVD2 やりすぎ格闘王決定戦 Vol.1』

                  0
                     金曜深夜にテレビ東京で放映されている『やりすぎコージー』。以前はよく観ていたんですが、最近はあまり観てない番組であります(理由は特にはないんですが、なにかやっているうちに終わっていたり、寝てしまったりで)。しかし、バラエティ番組としてはかなり面白い。深夜ならではというか、かなりコアな芸人も多数出演しており、もっと早い時間の放送ならばいいんですが・・・。

                     で、この番組のDVDがかなり売れているらしい。売上げランキングもかなり上に市しているし、次々にDVDが発売されていることを考えてもその人気ぶりがわかります。まだ放映中の番組のDVDがこれほど続けて出るというのはかなり珍しいんじゃないでしょうか。
                     今回のDVDは番組内の企画『笑いZERO やりすぎ格闘王』を収録。これがかなり面白い。内容は芸人8人が打撃なしのグラップリングのみのトーナメントによって、芸人最強を決めるというもの。これが、結構本格的。実際に格闘技、柔道、プロレスの経験者が揃っているということもあって、まさに「笑いZERO」(実際にはありますが)。観ている限り、単なるネタではなく、結構レベルも高い。
                     参加芸人(選手?)8人は、アキ(水玉れっぷう隊)、レイザーラモンHG、福島義成(ガリットチュウ)、佐田正樹(バッドボーイズ)、坂本雅仁(アホマイルド)、くまだまさし、小笠原まさや、山下しげのり(ジャリズム)。
                     
                     お勧めの試合は「アキvs.レイザーラモンHG」「レイザーラモンHGvs.くまだまさし」「山下しげのりvs.坂本雅仁」。アキと山下しげのりは格闘技経験あり、レイザーラモンHGは学生プロレスの統一チャンピオン、くまだまさしはアマレスの東京地区優勝経験者、坂本雅仁は柔道経験者で井上康生との対戦経験ありとそれぞれがかなりのバックボーンを持っているために、特にレベルが高い試合でありますな。

                     解説を菊田早苗選手、レフリーを三崎和雄選手がやっているというのもかなり本格的でありました。あと、個人的にはレイザーラモンのセコンドについたケンドーコバヤシがかなり僕の琴線に触れる感じで最高でした。



                    ラーメンズ 第13回公演『CLASSIC』

                    0
                       第13回公演『CLASSIC』は、2003年3月から4月の間、わずか19日間だけの公演だったようです。このわずかな公演回数だったわけですが、完成度は13回までの公演の中で最高と言えると思います。まず、一つ一つのネタの完成度は勿論のこと、公演全体を一つの作品として考えた時にこの公演の素晴らしさが分かります。特にこの公演はDVDで観る時には全て通しで観ることをお勧めしますね。

                      「ベルボーイのホテル旅館化計画」「マリコマリオ」「受験」「ダメ人間」「ギリジンツーリスト」「バニーボーイ」「1313」「帝王閣ホテル応援歌」

                       一つ一つのネタは結構軽め。でもどれも完成されていて、何より一つのテーマでしっかり繋がっている。今回は、「帝王閣ホテル」という舞台で、ちょいと変なホテルの従業員と、変わった客の不思議な話というテーマに沿った公演となってます。「ベルボーイのホテル旅館化計画」から全てが始まり、一気に「帝王閣ホテル応援歌」までいくっという感じ。
                       この公演で小林賢太郎の当たり役・バニーボーイが登場。あの適当さが最高。片桐仁の当たり役であるギリジンと同じ公演で観れるというのはなんとも贅沢。今回のギリジン・シリーズ「ギリジンツーリスト」は完成度は今までの「怪傑ギリジン」「路上のギリジン」と比べると正直低い。が、続く「バニーボーイ」が全てを吹き飛ばしてしまうような、それほど爆笑の連続のネタとなってる。
                       最後の「帝王閣ホテル応援歌」もよくあんな面白い歌詞を考えられるなと感心してしまう。あの歌詞とメロディが頭から離れない・・・。完全に中毒状態ですな。
                       「どん、どん、どんどんどん、帝王閣ホ〜テ〜ル・・・・」



                      | 1/3PAGES | >>

                      スポンサーリンク

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM