三遊亭円楽師匠が亡くなられたそうで。

0

     古今亭志ん朝師匠、立川談志師匠、橘家円蔵師匠と四天王として名を馳せた三遊亭円楽師匠が亡くなられたそうです。
     高座での師匠の姿を観ることはかないませんでしたが、やはり笑点での司会姿を忘れられません。そのうちに追悼企画でどこかが番組をやってくれるでしょう。元気な頃の高座の姿をしっかりと観てみたいと思います。

     今年はホントに惜しい方々が亡くなる年のような気がします。ちょっとさびしい感じがしますね・・・。


    スポンサーリンク



    ドキュメンタリー映画 『小三治』 こりゃ観てみたい。

    0
       2月21日より、小三治師匠を追ったドキュメンタリー映画『小三治』が公開されるという情報をキャッチ。残念ながら上映する映画館はポレポレ東中野、神保町シアター、シネマ・ジャック&ベティの3カ所。それも、神保町シアターは2月21日から23日までの三日間のみ。
       これじゃ観れそうにない。さすがにこの映画だけのために上京するのは難しいし、それといって関西で上映されることはなさそう。DVD化し、さらにレンタルされるんでしょうか?最悪、DVDを買うことになるんかな。

       それにしても、出演するのが小三治師匠をはじめ、扇橋師匠、三三師匠、志の輔師匠に米朝師匠とはなんとも豪華。



      またまた落語関係の隔週刊誌が出るそうで

      0
         まだ落語ブームって続いているんでしょうか。これだけ続いていたら、もうブームとは呼べないかもしれません。まあ、地方に住んでいると近くに寄席はないわ、落語会もないわ、どうしても映像や音源に頼ることになってしまいます。
         まあ、それはそうと、今でも本屋へ行くと落語が特集されている雑誌が常にあるような気がします。最初の頃は僕も珍しく出ている雑誌は買っていたのですが、もう最近はお腹がいっぱい。今更、落語入門的な特集の雑誌やムック本を買ってもねぇ。
         さっきも本屋でサライの最新号で落語が特集されているのをサラッと立ち読み。サライは定期的に落語の特集をしていて時々買うんですが今回はパス。文楽の復刻手ぬぐいには惹かれましたが、肝心の内容にあまり惹かれず。落語ファン倶楽部の最新号も今月出るようだし、そっちにお金を残しておきたいし。
         肝心な内容には惹かれませんでしたが、目に止まった広告が1つ。どうやら来年1月から隔週刊として小学館から『落語 昭和の名人』というCD付の雑誌が発刊されるらしい。全26巻の収録CDは以下のようなもの。

        1、3代目古今亭志ん朝 「夢金」「品川心中」
        2、5代目古今亭志ん生 「火焔太鼓」「替り目」「唐茄子屋政談」
        3、5代目柳家小さん 「時そば」「ちりとてちん」「宿屋の仇討」
        4、6代目三遊亭圓生 「火事息子」「豊竹屋」「百川」
        5、3代目古今亭志ん朝 「抜け雀」「厩火事」
        6、8代目桂文楽 「明烏」「富久」「締め込み」
        7、5代目柳家小さん 「長屋の花見」「粗忽長屋」「ろくろ首」
        8、3代目三遊亭金馬 「居酒屋」「孝行糖」「藪入り」
        9、5代目古今亭志ん生 「黄金餅」「千早ふる」「二階ぞめき」
        10、8代目林家正蔵 「中村仲蔵」「鰍沢」「あたま山」
        11、10代目金原亭馬生
        12、3代目春風亭柳好
        13、8代目桂文楽
        14、6代目笑福亭松鶴
        15、3代目三遊亭金馬
        16、6代目三遊亭圓生
        17、8代目林家正蔵
        18、10代目金原亭馬生
        19、8代目雷門助六 4代目三遊亭圓遊
        20、5代目古今亭今輔 2代目三遊亭円歌
        21、8代目三笑亭可楽
        22、8代目春風亭柳枝
        23、6代目柳橋 金語楼 10代目文治
        24、2代目桂小南
        25、5代目柳昇 4代目痴楽 4代目馬風 9代目文治
        26、3代目桂三木助

         こんな感じ。値段は1200円くらい。確かに収録されているのは、名人ばかりですが、CDとういのがねぇ〜。それほど魅力を感じない。別にこの雑誌を買わないと聴けないわけではないですから。まあ、『隔週刊落語百選』もあるし、買わないだろうな。



        さっきCMで観たんですが・・・

        0
           よくCMされているおまけ付の週刊誌。あのデアゴスティーニとかが出しているやつですが、今まで自分の趣味のものが少なかったためか興味をもてるものはほとんどありませんでした。まあ、スタートレックとかはちょっと興味惹かれるものがありましたが、なかなか毎週買うのはという思いもあって(実際に週刊誌としてはちょっと高め)結局今まで手をつけることなく過ごして参りました。
           が、さっきCMが流れていたんですが、絶対に買わなけりゃという使命感をもってしまったものが発刊しました。
           それは『落語百選 DVD』!!週刊ではなく隔週発売のようですが、全50巻の発刊予定。内容と言いますと、今までの名人のエピソードが紹介され、毎号2つの演目が解説。それもDVDがついていて、人気の噺家の映像が毎号観れるというもの。
           こりゃ、凄ぇですぞ。出演予定の噺家はさん喬師匠、権太楼師匠、雲助師匠、菊之丞師匠、喬太郎師匠、志ん輔師匠、鯉昇師匠などなど。好きな噺家ばかり。これは買わないわけにはいかんでしょう。
           まあ、あとは金銭面の心配だけ。第1号はお馴染みの特別価格で790円ですが、以後1490円。計73800円なり。こりゃ、毎号は無理かも。でもこういうのってコレクター魂が燃えるんですよな〜。どうしましょ。



          今年は前半から落語DVD豊作。金が足りませんがな。

          0
             先日、今年最大の落語界のニュースとして「志ん朝師匠のDVD発売」を書きました。が、落語のDVDの発売はこれで終わりじゃなかったようで、嬉しい悲鳴。というか全ては買えませんで、とりあえずこれから発売される注目の落語DVDをチェックしてみようかなと思います。

             まずは、1月25日に発売予定の『大師匠 DVD-BOX』。今が旬の師匠方の競演といった感じの内容。個人的には志ん朝師匠のDVDが出なければ即買いなんですが、とりあえず保留。収録内容は以下のようになっております。
            第壱巻:柳家さん喬「初天神〜真田小僧」/川柳川柳「ガーコン」
            第弐巻:五街道雲助「もう半分」/柳家権太楼「芝浜」
            第参巻:林家正雀「淀五郎」/三升家小勝「抜け雀」
            第四巻:古今亭志ん輔「井戸の茶碗」/三遊亭歌之介「B型人間」
            第伍巻:三遊亭円窓「叩き蟹」/橘家円蔵「らくだ」

             次が、志の輔師匠のDVD。発売も『大師匠』と同じ1月25日。それも3枚同時発売ということでこれも保留。
            志の輔らくごのおもちかえりDVD 1 「歓喜の歌2007」
            志の輔らくごのおもちかえりDVD 2 「ガラガラ」
            志の輔らくごのおもちかえりDVD 3 「メルシーひな祭り」

             去年末に発売されたビクター落語会のDVDも揃っていないし、『笑う超人 立川談志×太田光』も『THE 米朝(DVD付)』も買っていない。いくら金があっても足りませんな・・・。



            既に2008年の落語界最大のニュースか?

            0
               2008年になってまだ8日足らず。が、既に落語界にとって今年一番に近いくらいのニュースが。正確に言うと年末あたりから既に話題になっていたらしいのですが、とうとう出るんですよ。古今亭志ん朝師匠のDVDが!
               これは落語好きでない人にとっては全く興味ない話かもしれませんが、この時を長らく待っていた人は本当に多いんじゃないでしょうか。これほどの大物の映像がまったく販売されていなかったのが不思議なくらいだったんですが、去年発売された小三治師匠のDVDボックスが発売された時にはひそかに期待はしていたんですが、まさに僕の読み通りって感じです。

               今回発売されるのは8枚組みボックス。そして、タイトルは『落語研究会 古今亭志ん朝 全集 上』。つまり下巻も発売されるという事ですな(中巻というのはあるんでしょうか?)。これは楽しみ。で、この上巻に収録演目は以下の通りとなっております。

              【DISK 1】 文七元結 1997年録画  火焔太鼓 1998年録画
              【DISK 2】 五人廻し 1996年録画  百年目   1994年録画
              【DISK 3】 二番煎じ 1991年録画  抜け雀  1992年 四段目 1990年
              【DISK 4】 大工調べ 1989年    宿屋の富 1986年 浜野炬雄 1985年
              【DISK 5】 愛宕山  1987年   酢豆腐  1985年 三方一両損 1988年
              【DISK 6】 寝床   1984年 鰻の幇間 1984年 夢金  1986年
              【DISK 7】 大山詣り 1984年 子別れ 下 1982年 品川心中 1980年
              【DISK 8】 反魂香  1979年 口入屋   1976年 井戸の茶碗 1975年

               収録演目は22演目。かなりのボリューム。
               発売は3月26日ということで、僕は既にアマゾンで予約済み。今からすっげー楽しみでありますな。



              12.23 『柳家権太楼暮れの会』

              0
                 今年も残りわずかになり、落語の見納めも近づきつつあるなか、去年に引き続き2回目の参加となる『柳家権太楼暮れの会』へ行ってまいりました。今年は車で嫁さんとゆっくりと会場入り。年末らしいネタのオンパレードとなりましたね。

                柳家小権太     「子ほめ」      
                柳家甚語楼     「道具屋」      
                柳家権太楼     「言訳座頭」     
                宝井琴柳      「三村次郎左衛門」  
                        仲入り        
                柳家権太楼     「文七元結」     

                 小権太さんの「子ほめ」は初めてかな。無難にまとまっていた感じ。もう少し華やかさが出てくるとぐっと良くなってくるんではないでしょうか、。偉そうな言い方ですが・・・。
                 甚語楼師匠の与太郎は、また微妙なキャラクターで面白いもんです。というか、あの顔芸といいましょうか、与太郎の表情の変化には思わず笑ってしまいます。ホームページでも百面相とかやってますから、寄席でももっとあの芸を観てみたいもんです。
                 権太楼師匠の「言訳座頭」は初。あの強引までの笑いのもっていき方はまさに権太楼師匠ならではといった感じであります。
                 普段、講談はほとんど聴かないのですが、こういったところで一流の技を生で聴けるというのはありがたいことであります。「三村次郎左衛門」ってあまり知らないのですが、ちょいと赤穂浪士を勉強してみようかなと思ってしまいました。きっと赤穂浪士の話をもっとしっかり知っていれば、もっと興味深く聴けたんでしょうね。
                 仲入り後は権太楼師匠の「文七元結」。この噺は生で聴くのは2回目。権太楼師匠らしく、笑わせてくれるところはしっかりと笑わしてくれ、最後にはジーンとさせてくれるのはさすがであります。ところで、年末の噺と言えば「芝浜」か「文七元結」が大きな噺の2大巨頭かなと思っているんですが、個人的には「文七元結」のほうが好き。でも、権太楼師匠の「芝浜」を去年聴いたのを思い出すと、「芝浜」も良かったなぁ、などと考えてしまいました。この『柳家権太楼暮れの会』は明日もあって、明日の演目は「芝浜」。残念ながら明日は参加せず。もう1度「芝浜」を聴くのも良かったなと思いますが、それは来年の楽しみということで。



                DVD『ビクター落語会〜蓄音器の犬〜』が発売されるそうで。

                0
                   僕も数度行っている落語会『ビクター落語会〜蓄音器の犬〜』。ここで収録された映像がようやく11月21日に発売されることになりました。それも一気に10枚も。これがBOXで10枚組ということになればまた3万円以上の出費になるんですが、今回はバラで10枚の発売。ということで、財布にはちょいと優しい感じであります。(1枚3675円(税込)らしいです)
                   しかし、自分が生で行った落語会がDVD化されるというのは初の経験。また生で観た時とは違った発見があるんでしょうな。今から楽しみであります。

                   で、発売ラインナップは以下の10枚であります。

                  柳家さん喬
                  其の壱 「お若伊之助」他一席
                  其の弐 「ねずみ」他一席

                  柳家権太楼
                  其の壱 「子別れ・通し」
                  其の弐 「青菜」「宿屋の仇討ち」

                  古今亭志ん輔
                  其の壱 「井戸の茶碗」「文七元結」
                  其の弐 「お見立て」「船徳」

                  柳家喜多八
                  其の壱 「だくだく」「らくだ」
                  其の弐 「五人廻し」「居残り佐平次」

                  柳亭市馬
                  其の壱 「猫の災難」「茶の湯」
                  其の弐 「真田小僧」「抜け雀」

                   まあ、僕と嫁さん的にはさん喬師匠と権太楼師匠の各2枚、計4枚は絶対に買うでしょうな。たぶん、権太楼師匠の「子別れ」以外は全て観に行ったと思いますがね。僕的には志ん輔師匠のDVDもかなり興味がある(興味があるって言えば、喜多八師匠も市馬師匠も興味があるんですが)。限定発売ではないはずなんで、とりあえず少しづつ買っていこうかなという感じであります。
                   しかし、今月末には爆笑問題の太田プロデュースの談志師匠のDVD『笑う超人 立川談志×太田光』も発売されるし、来月には延期発売になったはずのCD+DVD『THE 枝雀 2』も発売されるはず。落語ファンとしては嬉しいけれども財布には厳しい感じであります。小三治師匠のDVDも観ないといけないしね。時間的にも中々厳しい状態でありますな。



                  DVD『落語研究会 柳家小三治全集』が到着でございます。

                  0
                     7月25日に発売予定だったDVD『落語研究会 柳家小三治全集』が本日やっと発売。そして、実物が今日到着です!(ちなみに、2日前には届いていたようですが、嫁さんが昼寝中で気付かなかったらしい・・・)

                    小三治


                     約2ヶ月ほどの延期はきっと思った以上の予約によって生産が追いつかなかったのではないかと予想しております。で、これって完全予約生産だったと思うんですが、先日立ち寄った新宿紀伊国屋の2階ミュージックテイトに何故か売られておりまして、ちょいと予約して買ったのが損をした気分(実際には、Amazonで事前に予約して購入するとかなり安く買えたのですが)。
                     しかし、DVD収録の演目も厳選されたものでそれはそれで主役ですから、内容もボリュームも凄い。でも、それ以上に驚かされたのが収録演目の解説や対談などが収録されているブックレット。これがかなりの内容で、170ページという大容量。これだけで立派な書籍であります。これを読むだけでも結構な時間がかかりそうですな。
                     何はともあれ、これでしばらくの間は楽しみが増えたというわけですな。(なにせ収録時間が合計1017分!)



                    『落語協会感謝祭』の獲得サイン画像UP!

                    0
                       ちょいと日にちが経ちましたが、『落語協会感謝祭』でのサイン画像をUPしようかなと思います。


                      権太楼師匠
                      まずは、柳家権太楼師匠

                      さん喬師匠
                      柳家さん喬師匠 達筆であります。

                      正楽師匠
                      林家正楽師匠 紙切りだけじゃなくって絵も巧い。

                      喬太郎師匠他
                      右から、古今亭志ん五師匠、柳家市馬師匠、柳家喬太郎師匠。

                      若手実力派
                      若手実力派の師匠方。
                      隅田川馬石師匠、林家きく姫師匠、柳家喬之助師匠、柳家花緑師匠
                      柳家三三師匠、柳家甚語楼師匠、古今亭菊之丞師匠


                       かなり好みが出ているサインのお願いの仕方。本当はもっと長い時間居れれば、もっと色んな師匠方のサインを貰いたかったんですが、後の用事とあの猛暑の中でこれくらいが限界でした・・・。



                      | 1/5PAGES | >>

                      スポンサーリンク

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM