映画鑑賞日記 『英国王のスピーチ』

0
    <あらすじ>
     幼いころから吃音で悩んできたジョージ6世。厳格な英国王ジョージ5世は、そんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベスは、吃音を治すために様々な専門家を探すのだが、一向に治る気配がないジョージ。そんな中、スピーチ矯正の専門家ライオネルのもとへ夫を連れていくことになる。
    ジョージ5世が亡くなり、英国王になった兄のエドワード8世は、一人の女性と恋に落ち、その愛を取り、国王を退く。次期、国王となったジョージだが、時は世界大戦前夜。国王として、重要なスピーチを行っていかなければならなかった。


    実話を元に描かれた本作。とても面白く観る事ができました。
    その英国国王としての責務と守らなければならない義務。一人間として苦しむジョージの姿は、一般の人間として決して観る事も、想像する事もできない事実であるでしょう。そこにスポットを当て、いち人間として、ライオネルとの友情が育まれていく姿には感動を覚えました。
    特に、ライオネル役のジェフリー・ラッシュがすっげぇ、いい。ジョージ役のコリン・ファースの、いち人間の苦しみを表現した演技も良かったけど、とにかくジェフリー・ラッシュが良かった。苦しむジョージを見つめるその表情、そしてジョージの本質を認め、偉大な国王になる事を見抜き、信じたその姿をしっかりと表現してくれています。
    あと、ヘレナ・ボナム=カーターが綺麗に年を重ねていて、どこかキュートでかわいらしくって、良かったです。

    スポンサーリンク



    映画鑑賞日記 『きっと、うまくいく』

    0
       久々に映画館に行ってきました。
       一部で評判が良かった本作『きっと、うまくいく』。原題は『3 Idiots』。以前、映画祭かなんかで上映された時は『3人のバカ』だったみたいだけど、今回の題名『きっと、うまくいく』が一番しっくりくるかな。
       ちなみに、あまり馴染みがないインド映画で、その特徴であるダンスシーンもしっかりある。

       結論から言ったら

       「近くに観れる映画館があるなら、いますぐ観にいけ!」

       というのが感想。
       僕自身、近くで時間が合う映画館がなくて、隣の県まで1時間半ほどかけて観に行ったんだけど、それでも全然良かったと思う。ていうか、今日、急に息子さんが熱を出さなかったら、今日も観に行ったと思う。それぐらい良かった。
       自分の少ない映画鑑賞数の中ですが、ベスト10に入れてもいいかなと思っている。
       ドンパチするだけで内容がないようなハリウッド映画や、漫画や小説の原作がなけりゃ作れない邦画(しかも、著しく原作の価値をさげてしまうような駄作)が多い中、こういった映画があれば、少々高くても映画館に行こうと思うな。

       約3時間という少々長い映画なんですが、時間なんかあっという間に過ぎていってしまう。
       ジャンルはコメディなんだろう。笑えるとこがかなりあるんだけど、途中でおっさん一人で号泣してしまう場面もあったし、なかなか内容が濃かった。それでもって、全編を通して教育制度を痛烈に風刺し、かつ、特に若い人が観たら、明日からの生活に後押し、元気づけてくれるような内容。

      <あらすじ>
      行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピア(カリーナー・カプール)が接近したことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。

      <監督・脚本>
       ラジクマール・ヒラニ
      <キャスト>
      アーミル・カーン
      カリーナー・カプール
      マドハヴァン
      シャルマン・ジョシ


       個人的にははよ上映が終わって、DVDを出してくれと思ってます。
       リージョンフリーなら英語字幕版を買ってもいいんだけどなぁ・・・。ブルーレイでもいいけど、それだったら日本語版を待つかな・・・



      映画鑑賞日記 『レリジュラス〜世界宗教おちょくりツアー〜』

      0

         昨日に引き続いて『松嶋×町山 未公開映画祭』で配信されいた作品を。こちらはDVD化はされなかったようでして、かなり面白い内容だっただけに残念。

         内容は毒舌コメディアンのビル・マーが、信仰者に対してインタビューするというもの。これがまた凄いの。ビル・マーというのは無神論者でして、信者に対して聖書や経典の矛盾をズバズバ聞いていくの。例えば、キリスト教信者に対して、「旧約聖書に書かれているように蛇がしゃべるわけないだろ」と聞いたり、「蛇がしゃべることをホントに信じているものがこの国の指導者になっている」とか。

         これが、質問されたほうも笑い話にするんだったら正常だと思いますよ。でもね、この質問をされた信者は真っ赤な顔して怒り出すの。これって凄いことですよね。通常の思考ができる大人がですよ、聖書に書かれていることは全て真実で、蛇がしゃべったり、海を割ったりできると本気で思ってんですよ。この作品に出てきた上院議員、アメリカを動かしている一人ですよ、でさえ進化論を科学者の嘘だと否定する。

         こういった事実で、信仰の恐ろしさっていうものを理解できる。宗教の恐ろしい点は、信者から思考能力を奪うこと。信仰とは頭を使わせないことであり、教義をありのまま疑うことせずに受け入れろということ。僕にはやっぱり、キリスト教などのいかがわしくない宗教と、カルトと呼ばれるいかがわしい宗教の区別がつかなくなっちゃったよ。
         もし、政教一致が推し進められたら、思考能力を奪われた国民を操り、聖戦のもとに他国に侵略することもできるということだ。ありえないことかもしれないけど、アメリカのように国民の多くが信仰をもっている国では、起こりうることかもしれない。
         
         僕は、無神論者だし、そのことで信仰をもっている人にとやかく言うつもりはない。信仰は個人の自由だし、他人に迷惑をかけなければ、どんな信仰でもいいと思っている。でも、周囲に影響を与え、押しつけることがあったら、その時は対抗すべきだろうなと思う。




        映画鑑賞日記 『フロム・イーブル〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜』

        0

           この映画は『松嶋×町山 未公開映画祭』で配信されていた作品で、どうやらDVD化もされているようです。『ザカリーに捧ぐ』もかなり強烈なものでしたが、本作もかなり強烈な内容でした。

           カトリック教会ではひた隠しにしてきたことがあった。それが聖職者による小児虐待。これが数件というレベルではなく、分っているだけでも数万件にも及ぶというのは驚きであります。本作は、この実態が明らかになるきっかけとなった裁判を扱ったドキュメントになってます。

           カトリックの聖職者は中学から高校くらいの年代の時に隔絶された学校で学び、抑圧されるのでしょう。それが、健全な性へ影響があるのかもしれません。ただ、数万件に及ぶ性的虐待などの事実を知ったら、それは完全に否定できないのではないでしょうか。
           この裁判で罪に問われているのがオリヴァー・オグレディ。オグレディのインタビューなんかを聞いていると、聖職者の誇りは持っている一方で、自分のやった行為について反省をしているようにもみえない。被害者に手紙を出し、許しを請えば全て理解してもらえるだろう的な考え(実際には手紙は出していない。たぶん教会側から止められたのではないかと思うのだが)からも分ります。もう、ちょっと、宗教に洗脳されているって感じなの。

           もう一つ怖いのが、オグレディの行為を知っていた高位の司祭が、自分の地位を守るために黙認していたこと。そして、多くの同じよう行為があったことを隠し続けてきたのは一部の者ではなかったという事実。実際に、本作には現ローマ法王さえも聖職者による小児虐待があるという事実を隠してきたということを実名を出して告発しています。

           本作の内容が100パーセント真実だったとしたら、世界の3大宗教の1つであるキリスト教って何ってことになちゃうな。実際に原理キリスト教とかはかなり常人には理解できないような雰囲気もあるし、カルトと呼ばれるものと、そうでないと言われるものの違い、境界線ってなんだろうって思っちゃいました。
           宗教とは?信仰とは?というテーマを意識させられる作品でした。




          映画鑑賞日記 『ザカリーに捧ぐ』

          0

             だいぶ前に観た映画なんですが、今まで観てきたドキュメンタリー映画の中でも3本の指に入るほどの衝撃的な内容。もう、観た後に「悪魔は本当に存在するんだ」と知りました。内容を思い出すと、怒りよりも、あまりにも理不尽、悲しみで吐き気を催すくらい。たぶん、この映画を観た人は僕が言っていることは理解してくれるんじゃないでしょうか。お願いだから、最後の最後で、この作品は全てフィクションですというメッセージが欲しいと思いました。

             人間、行きつくところまで行けば、悪魔になれるんだ。この作品に出てくる殺人犯の女性は、人間の皮をかぶった悪魔。悪魔というのは、人を殺したからではない。人を殺し、残された者のすべてを壊すから。
             殺人犯の子供として生まれ、1年ほどで生涯を閉じたザカリー。宗教家の中には、生まれてきたのには絶対に意味があるという人がいますが、僕はザカリーに生きてきた意味を見出してあげることができなかった。誰か、ザカリーに生まれてきた意味をあげて欲しいもんです。

             そして、これはアメリカ、カナダの法制度の不備、社会の不備が起こした悲劇。
             これは決して外国だけで起きることではなく、日本でも同じようなことが起きる可能性はゼロではない。やはり、社会全体で、その不備をなくす努力をする必要があるんではないでしょうか。

             もう配信は終わったんですが、この映画は『未公開映画祭』でネット配信されていたもの。現在はDVD化もされたようなんで「おもしろい」とか、「観なきゃ損」というようにお勧めはできないけど、多くの人に観てもらい、いろいろ考えてもらいたい作品です。




            映画鑑賞日記 『BECK』

            0

               先日『BECK』の原作マンガを大人買いして一気読みしたんですわ。確かに原作は素晴らしく面白かったんで、その勢いで公開中の映画も観に行ってきたのでその感想を。

               まず個人的な評価としては5点満点中1点というところかな。はっきり言ってつまらなかった。これから観に行くに人には悪いですが。
               第一がっかりしてしまったのが、天才的な歌声をもつコユキの唄の表現。音の出ないマンガという媒体で、あれほど天才的な歌声を想像させてくれた原作に対して、表現方法としてはマンガよりも多いと思われる映画において、まったく伝わってこなかった。まさかカラオケで、歌声を入れず、嵐とか、目のアップとかで表現しようとしたとは思わなかった。この物語の核の一つであるコユキの唄の表現でここまでどうしようもない手を使ったことで、この物語全てを駄目にしてしまったと言えそう。
               そして、物語自体も原作を忠実に追うとしたのか、結局は忠実な物語ではないんですが、非常に無理のある展開。無理やり時間内に押し込めた感は否めない。
               良かったなと思ったのは、BECKのメンバーのキャストが結構イメージ通りだったこと。竜介役の水嶋ヒロをはじめ、平くん役の向井理、なにより千葉くん役の桐谷健太がかなり良かった。特に桐谷のラップがかっこよくて、コユキの唄がない分とても目立っていたかな。その一方で、原作に似せよう似せようとして不自然になってしまったレオン・サイクスと、エディ役の外人が最低だったな。エディは全然カッコ良くないし、むしろ気持ち悪いくらいだったもんな。
               音楽はレッチリとオアシスでとてもかっこいいんだけど、それも映画の内容を考えると上辺だけになっちゃってんだよなぁ。残念。

               ちょっと原作の面白さに期待しただけに拍子抜けした感じ。原作を知らなかったらそれなりに楽しめたかも。


              <スタッフ>
              監督:堤幸彦

              <キャスト>
              水嶋ヒロ  佐藤健  桐谷健太  忽那汐里  中村蒼  向井理




              映画鑑賞日記 『ソラニン』

              0

                 世間では『BECK』が公開ということで話題になっておりますが、音楽系の話としては方向性は違うかもしれませんが『ソラニン』のDVDもレンタル開始。公開時はタイミングが合わなかったので、レンタル初日にさっそく借りてきました。

                 物語は
                「社会人2年目の井上芽衣子は、将来に希望を感じられず、同棲相手の種田の勧めもあってOLを辞め、預金生活に入る。種田は大学時代のバンド仲間である加藤、山田と定期的に会いながら、アルバイトの合間を縫ってバンド活動を細々と続けていた。喧嘩し、互いに励ましあいながら、先の見えない生活を続けていく井上と種田。ある日、種田はふとしたきっかけから再びバンド活動に熱を入れることを決め、加藤、山田に声をかけ、自身の持ち曲である「ソラニン」をレコーディングする。」


                 ストーリーはかなり原作に忠実。キャストもかなりイメージに近い感じ。浅野いにおの描く女の子って、一見不細工ぽいんだけど可愛いんだよな。本作の芽衣子もそういった感じの子。ちょっと宮崎あおいではでき過ぎかな。

                 映画としてはちょっと演出が大学の映画研究会が作ったような、ちょっと臭い感じの部分もありまして、名作とは言えないかもしれませんが、個人的には原作の雰囲気をしっかりと表現できた良作だと思いました。原作が好きな人だったら気に入るんじゃないでしょうか。
                 むしろ原作がよくできているんで、あえてあれこれ演出を加えたりしなかったのが良かったのかもしせません。原作の完成度の高さを再認識できましたね。
                 

                <キャスト>
                井上芽衣子:宮崎あおい
                種田成男:高良健吾
                山田二郎(ビリー):桐谷健太
                加藤賢一:近藤洋一(サンボマスター)
                小谷アイ:伊藤歩
                冴木隆太郎:ARATA
                大橋:永山絢斗
                鮎川律子:岩田さゆり
                芽衣子の母:美保純
                種田の父:財津和夫

                <スタッフ>
                原作:浅野いにお
                監督:三木孝浩
                エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎
                プロデューサー:今村景子、田中美幸、久保田修
                ラインプロデューサー:原田文宏
                共同プロデューサー:浅井認
                脚本:高橋泉
                音楽:ent
                音楽プロデューサー:安井輝
                撮影:近藤龍人
                照明:藤井勇
                録音:松本昇和
                編集:上野聡一
                美術:磯田典宏
                衣装:荒木里江
                スタイリスト:梶雄太
                ヘアメイク:井川成子
                スクリプター:杉本友美
                スーパーバイジングプロデューサー:小川真司
                プロデュース・スーパーバイジング:寺嶋博礼
                助監督:権野元




                映画鑑賞日記 『パラノーマル・アクティビティ』

                0

                   ちょっと前に劇場公開されたけど都合がつかなくって足を運べなかった本作『パラノーマル・アクティビティ』。なんでも製作費135万円のこの映画が95億円の興行収入を得たといううたい文句。予告編を観ても非常に魅かれるし、観客の絶叫なんかを聞くとさぞ恐ろしい映画なんだろうと気になっていたところにレンタル開始。お盆という微妙な時期にホラーというのも悪くないかとさっそく見てみました。

                   物語自体はあってないようなもんで、設定ありきの作品。
                   超常現象が頻繁に起こる家に、それを解明しようと24時間体制でのビデオ撮影。そこに映っていた数々の恐怖・・・、というのが全ての内容。
                   映画の手法としてはいわゆるモキュメンタリ―で、昔話題になった『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を思い出され、当時の記憶と比較してみると本作の方が完成度は高いかなと。

                   どれくらい恐かったかと言うと、正直それほど恐い映画ではなかったかなと。ジャパニーズ・ホラーのほうがよっぽど恐いですな。それでも、じわじわとラストへ向けて恐怖が増していくというのは他の作品にはあまり感じられない恐怖。ラストシーンで一気に爆発って感じです。
                   ちなみに、DVDには劇場公開版と、未公開版という2種類のエンディングが収録されているんですが、個人的には劇場版のほうが断然によかったかなと思います。未公開版のほうが最後に「うぇっ~」って声出してしまいましたが。
                   
                   個人的な評価としては、面白かったけどわざわざ映画館に行くほどでもなかった作品だなというくらいです。




                  映画鑑賞日記 『フロスト×ニクソン』

                  0

                     ちょっと前に確かビジネスブックマラソンの土井さんがこの作品が面白いと書いていたと思うんですが、それを読んでずっと観たいと思っていた作品。評価が高いからなのか、タイミングが悪かったのか、近くのツタヤでなぜかずっと借りられており、ようやく先日観ることができました。
                     
                     内容は、簡単に言ったらウォーターゲート事件によって失墜したニクソンが、人気バラエティの司会者であるフロストのインタビュー番組を利用して政界復帰を求める一方、ニクソンの口からウォーターゲート事件の真実、そして謝罪を引き出そうとするフロストの壮絶な口舌戦を描いた物語。
                     これはきっとノンフィクションなんでしょうが、こんな凄いインタビュー番組があったと思うと凄いなぁと。これが劇中の中だけの物語なら、面白い脚本だなと思うだけなんですがね。
                     そして、アクション映画ではないのに、最後のインタビューを迎えるあたりからのあの緊迫感。下手なアクション映画よりもハラハラさせられました。

                     で、この映画で凄いのは、やはりニクソンが百戦錬磨の政治屋であるということがしっかりと描かれているというところ。この映画では決してニクソンをけなしていない。むしろ評価を高く描かれているんじゃないかな。
                     あのフロストの質問を煙に巻く話術は、アメリカという巨大な国のトップに上り詰めた人物の底の深さを表わしています。そして、最後、フロストの質問によってウォーターゲート事件について語りだす姿は、人間の弱さをしっかりと描かれていると言えましょう。あのニクソン役のフランク・ランジェラの表情の変化は凄いの一言。
                     あと、ケヴィン・ベーコンはやっぱり特徴的な顔だけどかっこええ。今回、ちょい役というのがもったいないな。

                     とにかく、この作品、噂にたがわない良作。ネットでみると意外と辛口評価が多いようですが、個人的にはお勧め作品ですね。


                     あらすじは
                    「ウォーターゲート事件で失脚したニクソン大統領。その辞任中継の視聴率の高さに目をつけた人気テレビ司会者・フロストは、ニクソンへの1対1のインタビュー番組を企画。ニクソン側も扱いやすいフロスト相手のインタビューを名誉回復の機会ととらえ、法外なギャラで出演契約を結んだ。フロストは事件に対する謝罪の言葉を引き出すべく、ゼルニックとレストンをブレーンに迎え、質問の練り上げ作業に入るのだが……。」

                    <スタッフ>
                    監督: ロン・ハワード 
                    製作: ブライアン・グレイザー ロン・ハワード ティム・ビーヴァン 
                    エリック・フェルナー 
                    製作総指揮: ピーター・モーガン マシュー・バイアム・ショウ 
                    デブラ・ヘイワード ライザ・チェイシン カレン・ケーラ・シャーウッド 
                    デヴィッド・ベルナルディ トッド・ハロウェル 
                    原作戯曲: ピーター・モーガン 
                    脚本: ピーター・モーガン  撮影: サルヴァトーレ・トチノ 
                    プロダクションデザイン: マイケル・コレンブリス 
                    衣装デザイン: ダニエル・オーランディ 
                    編集: マイク・ヒル  ダン・ハンリー 
                    音楽: ハンス・ジマー

                    <キャスト>
                    フランク・ランジェラ  マイケル・シーン  ケヴィン・ベーコン
                    レベッカ・ホール トビー・ジョーンズ マシュー・マクファディン 
                    オリヴァー・プラット サム・ロックウェル ケイト・ジェニングス・グラント 
                    アンディ・ミルダー パティ・マコーマック




                    映画鑑賞日記 『おとうと』

                    0

                       公開中の『おとうと』を観に行ってきました。評価が高かったのと、鶴瓶師匠、蒼井優が出演ということでこれはチェックしなきゃということで。

                       ストーリーは
                      「夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。やがて、小春の結婚が決まり、結婚式当日を迎えるが、吟子の弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)が紋付はかまで大阪から現われ、披露宴を酔っ払って台なしにしてしまう。」

                       物語としては、それほど込み入った内容ではない。簡単に言ってしまった、どうしようもない弟によって振り回される姉。でも、どこか憎めない弟だったが、娘の結婚式での失態や借金問題によって絶縁に近い状態になるが、突然、癌によって余命いくばくもないという連絡が入るというもの。
                       物語はなんでもないんですよ、ホント。でも、全体的な作り方がやはり山田洋次監督ですから丁寧で、1つ1つのシーンがとてもいい。
                       吉永小百合の雰囲気、存在感はこの作品の要なんでしょうが、それ以上に鶴瓶師匠の味のある演技、そして実力派の蒼井優、加瀬亮の演技が光る。他の出演者も実力派ばかりで、文句が付けようがない。

                       ラストシーンに近くでの鶴瓶師匠演じる鉄郎がどんどん弱っていくシーンが涙を誘いますが、個人的に一番涙したのが蒼井優演じる小春が再婚を母である吟子に告げるシーン。なんか良かったんだよな〜。
                       他にも小日向文世と石田ゆり子がよかったな。なんだか観ているだけで優しい気持ちになれる。あと森本レオが中本工事にしか見えなかったのが気になったかな。
                       

                      <スタッフ>
                      監督・脚本: 山田洋次
                      脚本: 平松恵美子
                      音楽: 冨田勲

                      <キャスト>
                      吉永小百合 笑福亭鶴瓶 蒼井優
                      加瀬亮 小林稔侍 加藤治子




                      | 1/9PAGES | >>

                      スポンサーリンク

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM