スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    スポンサーリンク


    • 2015.11.30 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    読書日記 『アメーバ経営−ひとりひとりの社員が主役』

    0
       本書は京セラの社長、会長を務めた稲盛和夫さんが明かす、京セラを支えたアメーバ経営を紹介した本。今まで稲盛さんの著書を数冊読んできましたが、さすがに一時代を築いた方とあってしっかりとした経営理念をもってこられたことが分かり、非常に勉強になるものばかり。本書も具体的な例によって京セラの経営方法をしっかり学ぶことができるようになっております。

       アメーバ経営とは、簡単に説明すると組織を細分化することによって、部門別採算制度を実現、経営者意識を持った人材を育成、全員参加の経営という3本柱を実現させるための経営方法。
       部門別採算制度を実現することによって、企業全体の不透明さを改善し、自らの仕事の意味が分かってくる。それによって社員一人ひとりが仕事に対する使命感をより明確にすることができ、使命実現のためには全体を見渡す経営者感覚が必要になってくる。それが結果的に全員参加の経営に繋がるということでしょう。

       本書の中にも少々書かれていますが、このアメーバ経営は理想論的なものにとらわれるかもしれません。当たり前のことを実現することによって、当たり前に企業が成長する。当たり前のことが簡単にできるなら苦労はないと思われるかもしれませんし、実際にそうであります。
       しかし、その当たり前のことを忠実にできるからこそ企業の成功は起こるわけだと思います。理想論的なアメーバ経営を実現できれば企業は成功するが、それが非常に難しいことである。だからこそ、この経営方法を書籍で発表できるんでしょう。アメーバ経営を公開することこそ、稲盛さんの自信の表れなんでしょう。

       本書の不満は、少々説明が前後したり、繰り返したりで読みづらかった点でしょうか。内容は素晴らしいだけにちょっと残念。

       目次は。



      第1章 ひとりひとりの社員が主役
      1、アメーバ経営の誕生
      2、市場に直結した部門別採算制度の確立
      3、経営者意識を持つ人材の育成
      4、全員参加経営の実現

      第2章 経営には哲学が欠かせない
      1、事業として成り立つ単位にまで細分化
      2、アメーバ間の値決め
      3、リーダーには経営哲学が必要

      第3章 アメーバの組織づくり
      1、小集団に分け、機能を明確に
      2、市場に対応した柔軟な組織
      3、アメーバ経営を支える経営管理部門

      第4章 現場が主役の採算管理
      1、全従業員の採算意識を高めるために
      2、「時間当り採算表」から創意工夫が生まれる
      3、京セラ会計原則の実践
      4、実績管理のポイント
      5、収入のとらえ方
      6、経費のとらえ方
      7、時間のたらえ方

      第5章 燃える集団をつくる
      1、自らの意思で採算をつくる
      2、アメーバ経営を支える経営哲学
      3、リーダーを育てる

      あとがきに代えて

      スポンサーサイト

      0


        • 2015.11.30 Monday
        • -
        • 00:44
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        「アメーバ経営 ひとりひとりの社員が主役」の書評です。
        • Book's Inlay ビジネス書を中心とした書評のブログ
        • 2008/05/08 12:57 AM

        PR

        スポンサーリンク

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM