スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    スポンサーリンク


    • 2015.11.30 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    マンガ日記 『海街diary 1 蝉時雨のやむ頃』

    0
       「またいい作品に出会った」というのがまず感想。
       このマンガも『このマンガがすごい!』で上位に入っていて気になっていた作品でありますが、解説を読んだだけで僕好みの作品だとピンときたんですがこれがドンピシャ。まさに僕好みの作品で、とっても静かな雰囲気が流れているような作品であります。

       鎌倉に住む三姉妹の元に母との離婚で長い間会っていなかった父の訃報が届き、腹違いの妹「すず」と共に鎌倉の生活が始まるまでを描いた「蝉時雨のやむ頃」。次女・佳乃の切ない恋と、妹すずの鎌倉の生活の始まりを描いた「佐助の狐」。転校した中学で出会ったサッカーチームの友人たちの友情を描いた「二階堂の鬼」。
       今巻には3話が収録されていますが、どれも秀作揃い。中でも第1話の「蝉時雨のやむ頃」はまさに傑作。特に腹違いの妹のすずの押さえつけていた感情が爆発する最後のシーンは本当に感動もの。そして、それを見守る三姉妹の優しさが心に染込んでくる。この1話があまりにも完成されているんで、第2話、第3話の完成度が低く感じてしまうくらいであります。
       それでも、第2話ですずが家族として受け入れられていくまでの過程は非常によく描かれてます。ただ第3話は前の2話からくらべると完成度は低くなってしまったというのは否めません。ありがちな話だし、なんだかすずの性格が前の2作と微妙に違っているんじゃないかなと思うし。

       だんだん話のクオリティーが下がっているような気がして心配でありますが、この話の質を維持していってくれればかなりの名作になるのではないかと思いますね。これからも楽しみです。



      スポンサーサイト

      0


        • 2015.11.30 Monday
        • -
        • 00:57
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        4姉妹の短編集。3話収録!! 「1.蝉時雨のやむ頃」 幼いころ女とともに家をでていった父の訃報を知らされ、 父の葬儀に参列することに...
        • shaberiba
        • 2008/02/17 9:57 PM
        「海街diary」 この前の記事で書いた「ラヴァーズ・キス」の感想。 そして、この「海街diary」って作品は、それとも世界観が繋がる作品だっ...
        • 空色なおれの日々
        • 2008/02/17 11:33 PM
        この人の作品が、私は昔から好きで、全作品持っている。 代表作は、言わずと知れた「BANANA FISH」で、そのあと、その世界観を 大分長い間書いておられた。「夜叉」「イヴの眠り」も全部持ってます。 それが終わって、今度はがらっと内容を変えてきましたね。 舞台
        • おいしい本箱Diary
        • 2008/02/20 10:06 PM

        PR

        スポンサーリンク

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM