スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    スポンサーリンク


    • 2015.11.30 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    読書日記 『イン・ザ・プール』

    0
       第133回直木賞を受賞した『空中ブランコ』の伊良部シリーズの第一作がこの『イン・ザ・プール』。このシリーズは精神科医・伊良部一郎を主人公とした短編連作なんですが、一見するとこの「精神科医」という設定が何だかカッコいいような、シリアスな感じのシリーズなんではないかなと印象付けられます。
       が、これが全くイメージとは違う。この主人公である精神科医・伊良部一郎の設定が凄い。色白で太って、マザコン。そして注射フェチで、性格も全く周りの雰囲気を理解しない自己中心的なもの。そんな全くイメージとは違う滅茶苦茶な主人公ですが、ここに集まってくる患者たちも凄い。水泳中毒に勃起しっぱなしの者、自己中のコンパニオンに携帯中毒の高校生に極度の心配性の編集者。こんな一癖も二癖もありそうな患者たちと、三癖も四癖もある伊良部のバタバタとしたコメディ・タッチの短編集であります。
       登場人物の設定がかなり滅茶苦茶で、この設定だけでも笑けてくる。でも、患者それぞれの精神的な病は深刻そのもの。そして、それぞれの病は、現在社会の問題の側面を映し出したものばかり。この軟派な部分と硬派な部分のバランスがよく、楽しみながら読み進めていける。さすが直木賞受賞シリーズと言えましょうか。実際には『空中ブランコ』のほうが断然に完成されていて面白いらしい。こちらもボチボチ読んでみようかなと思いますね。


       収録作品
      「イン・ザ・プール」「勃ちっ放し」「コンパニオン」「フレンズ」「いてもたっても」



      スポンサーサイト

      0


        • 2015.11.30 Monday
        • -
        • 23:31
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        スポンサーリンク

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM