落語研究会 柳家喬太郎 『お菊の皿』

0
     今、独演会を取りにくい噺家といったら、かならずベスト10に入るであろうと思われる喬太郎師匠。最近は、その人気の通りにテレビでその高座を観る機会も増えてきたような気がします。

     今回観たのは、落語研究会で放送された師匠の「お菊の皿」。喬太郎師匠の師匠であるさん喬師匠の「お菊の皿」はまだ観ていないのですが、噂によるとお菊音頭というものがあるそうです。果たして弟子の喬太郎師匠にはどんなお菊音頭に代わる演出があるか期待して観たのですが、やっぱりありました。お菊の登場前の演出で「ワンディッシュ、ツーディッシュ、スリーディッシュ、お菊さん。フォーディッシュ、ファイブディッシュ、シックスディッシュ、お菊さん。セブンディッシュ、エイトディッシュ、ナインディッシュ、お菊さんショー。」という挿入歌が。これがまた耳に残るの。嫁さんなんかずっと歌っておりますよ。

     他にも、喬太郎師匠らしい演出が散りばめられていて、やはり最後のお菊さんの登場シーンは現代的というか、オリジナルティに溢れているというか、とにかく派手。
     最初にお菊さんを観に行った3人組も、喬太郎師匠の話によく出てくるような人物たちで、まさに喬太郎師匠の作りだした登場人物が古典落語の熊さん、横丁の隠居なんかのようなキャラクターへと完成されている感じ。
     時折出てくるウルトラマンネタは、やっぱりあんまりウケてませんがそこはご愛敬。師匠が特撮ものが好きなのは仕方がありません、きっと。それをネタに入れ込むのも・・・。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM