東京散歩 神保町をぶらり その1

0
     先日行った東京ですが、目的は夕方からの落語会。ですが、いつものごとく深夜バスで東京へ行ったので到着は20日の早朝6時。到着は新宿だったんですが、まずは秋葉原にできたという都内最大級のブックオフへ行くことに。
     ブックオフの開店は10時なんで、それまでスターバックスで一休み。朝7時ぐらいなのにどんどん会社前の人たちが入ってきてビックリ。そう言えば、最近では会社前の時間を有効活用して勉強や仕事を朝の喫茶店でやる人が増えているというニュースを観たんですが、本当だったんですねぇ。田舎にいるとわからんですが、やっぱりやっている人はしっかりと努力を重ねているんですな。これが後に大きな差を生むのかもしれません。

     10時を過ぎたころにブックオフへ。フロアは6階あるんですが、それぞれのフロアはそれほど広くない。やっぱり町田のブックオフのほうが大きいんじゃないでしょうか。品ぞろえも並といった感じで、特に欲しいという本もなく、細野不二彦の『ジャッジ』と岡崎京子の『くちびるから散弾銃』の2巻をそれぞれ100円で購入。
     その後、秋葉原から神保町へと歩く。昼過ぎぐらいだったんで、あらかじめ大盛りで有名な「ライスカレー まんてん」へ。路地に入ったところにあったんで最初分かりずらかったのですが、無事到着。

    まんてん1

     昼時だったためか、店内のカウンター席が埋め尽くされております。ちょっと待って席に案内。カツカレーを大盛りの上のジャンボで注文。700円なり。これが到着してジャンボにしたことを後悔・・・。すっげ〜盛り方。カウンター席のみなんで、ジャンボを注文して残したら、他のお客さんにも恥ずかしいんで必死こいて食べましたが、かなり応えました。歩くの辛い・・・。
    まんてん2

     この後、重い足取りで古本屋巡りに。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM