スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    スポンサーリンク


    • 2015.11.30 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    読書日記 『段取り力―「うまくいく人」はここがちがう』

    0
       先日に引き続き斎藤孝の本を。この人、いろんなテーマで本を書かれてまして、今回のテーマはズバリ「段取り力」について。
       段取り、つまり計画をうまく立てることができる人は、やっぱり何をやらせてもよく出来る。それは、最初に最終地点である目的をしっかりとつかみ、それに向けていかに効率良い方法を取るべきかをしっかりと把握できるから。社会人はもちろん、学生であってもこの段取りは非常に重要。しっかりと段取りして会議に、試験に挑みたいところです。

       本書はまず段取りの重要性をトヨタや安藤忠雄の例を使用して説明。まあ、計画性の重要性は言われるまでもないのですが、安藤忠雄の人生計画なんかを読んでいるとちょっと普通の人とは違うなと実感。よく、手帳術なんかの本を読むと書いておりますが、将来の自分を想像してそれに向かっての計画を立てるって本当に重要。
       次に、ケース別の段取りの仕方が紹介。こちらは実践的に、すぐにも役に立つような内容。特に、書くための段取りは参考になった。やっぱり、この人は三色ボールペンを活用するのね。いまはインプットよりもアウトプットが重要な時代。いかに書くかを考えるのも大切。
       会議の段取りのところで書かれていますが、「意見を言っている暇があればアイデアを出せ」というのは大いに賛成。僕は会議って本当に嫌い。上司はいかにもいい意見だっというのを言うだけで役に立たないし、慣れ合いになるだけで時間がもったいない。結局、そのプロジェクトの中心人物が考え、その報告になるのがオチ。アイデアを出し合うような本当の会議って意外に少ないですわ。しっかりとした会議を行うためにも段取りは必要なんですねぇ〜。

       本書は『齋藤孝の速読塾』に比べるとちょっとパワー不足か。もう少しつっこんだ内容だったら良かったかも。他にも『コメント力』や『読書力』といったシリーズみたいな本も出しているんでそちらも読んでみようかなと。

       
       目次は。


      プロローグ

      第一章 生産性の高いプロの「段取り力」
      第二章 トラブルに強いタフな「段取り力」
      第三章 実践編 ケース別「段取り力」
      第四章 「段取り力」とは何か
      第五章 「段取り力」の鍛え方

      エピローグ

      スポンサーサイト

      0


        • 2015.11.30 Monday
        • -
        • 02:04
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        スポンサーリンク

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM