読書日記 『スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学』

0

     日常の経済の秘密を明らかにしてくれる本が何冊も出版されていますが、この はこの分野の最近の流れをつくったパイオニア的な本じゃないでしょうか。さすがパイオニアといった感じで面白い。ただ雑学的にさらっと読んでもいいんですが、かなり深い内容が書かれているんでじっくり読み込むのもいいでしょう。
     正直、じっくり読み込んでいくとかなりのボリューム。軽い気持ちで読み込むとかなりお腹いっぱいになること間違いなし。

     本書の大きな目的は、日常売られているものがなぜその値段なのかということを明らかにすること。同じ商品がどこで買っても同じ値段であったらそんな問題はない。でも、同じペットボトルのお茶が店で買うと100円。その店の前の自動販売機では150円。これは一体どうしてなんでしょうか、というのが本書の視点であります。
     答えを言うと、値段には商品そのものの原価と、それ以外のコスト、つまり取引コストがあるから。つまり、商品を運んだり、冷やしたりする手間が原価に加わって値段が決まるということ。
     また、買う方も無意識でその取引コストを知っていまして、先ほどのお茶なら店内で買えば安いが、レジで並ばなきゃならないことを考えたら直ぐに手に入る自販機で購入する。つまり、50円の差は手に入れるスピードの差だと思っているわけです。
     これは当然のことと言ったら当然のこと。先日、僕は車にカーフィルムを貼ったんですが、フィルムだけを購入して約8000円。これを貼るために、貼っていたフィルムを剥がし(これが凄い大変)、自分で貼ったんですがこれで半日以上の作業。もし、これを車屋さんで頼めば自分は疲れないんですが、2万以上の値段がかかるようで、僕は自分でやることと店に頼むコストを考えて前者を選んだというわけ。まあ、これは日常的に行われていることですが、いざ文章で、そしてその根本的な原理を説明してもらうと非常に面白い。

     この同じようなことで、携帯電話の料金プランがなぜあんなにあって複雑なのか、ということにも答えをくれています。まあ、簡単にいったら、普段通話をする人とあまりしない人から効率的かつ、納得してもらって通話料金を回収するため。これもちょっと考えれば分かることなんですが、説明されると結構深い内容で面白い。
     タイトルのスタバではグランデを買えという理由もなかなか興味深かったし、子どもの医療費の無料化の問題等など、どのテーマも勉強になりました。もっと早く読めば良かったですわ。


     目次は。


    スポンサーリンク


    はじめに 同じモノがちがう価格、ちがうモノが同じ価格

    第1章 ペットボトルのお茶はコンビニとスーパーのどちらで買うべきか?
    第2章 テレビやデジカメの価格がだんだん安くなるのはなぜか?
    第3章 大ヒット映画のDVD価格がどんどん下がるのはなぜか?
    第4章 携帯電話の料金はなぜ、やたらに複雑なのか?
    第5章 スターバックスではどのサイズのコーヒーを買うべきか?
    第6章 100円ショップの安さの秘密は何か?
    第7章 経済格差が、現実にはなかなか是正できないのはなぜか?
    第8章 子供の医療費の無料化は、本当に子育て支援になるのか?
    第9章 身近な話題のケース・スタディ

    おわりに 他人と同じだから得なこと、ちがうから得なこと


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2012/05/03 8:09 AM

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM