映画鑑賞日記 『ゆれる』

0

     これまた久しぶりに骨太の映画を観ました。
     監督は『蛇イチゴ』、最新作『ディア・ドクター』が好評の西川美和さん。『ディア・ドクター』は観ていませんが、『蛇イチゴ』はなかなかおもしろかった記憶があります。『蛇イチゴ』もそうだったと思いますが、今回の『ゆれる』も家族の歪んだ関係のようなものが非常に生々しく描かれているんじゃないでしょうか。


     あらすじは
    「写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。」


     ラストまでいくと何が真実なのか、何が嘘なのか、とても混乱してきます。
     嫁さんと話して一応の理解は以下のようなもの。
     猛は人を信じない性質を持っており、稔が智恵子を逆上して殺したと思っているし、その現場を観ている。しかし、兄を助けるという名目で、実際には自分の身を守るために兄の無罪を主張し、結局、兄とのすれ違いによって兄の罪を法廷の場で明らかにすることになる。
     しかし、本当は稔は智恵子を殺してはいなく、手を差し伸ばしていた。それを猛はしっかりと観ていたはず。けれども、最初から兄が智恵子を殺したと疑っていた猛は、真実の姿ではなく、稔が智恵子を殺したという姿を観てしまったのでしょう。それが、ラストの回顧シーンによって真実に気付いたのではないか。
     法廷の最後のシーンで猛が言った言葉「本当の兄を取り戻すために真実を言います」がある。皮肉にも、本当の兄の姿を見失っていたのは猛であり、本当の兄を取り戻したのはラストの兄が出所する場面である。

     面会のシーンで稔が猛に「おまえは俺が無実だということを信じていない」という内容を言いますが、稔はすべてを理解していたのがここで分るような気がします。ただ理解できないのは、なぜ稔は猛の偽りの真実を受け入れて刑に服したのか。裁判がひっくり返らなかっただけなんでしょうか。ラストシーンの笑顔からはちょっと分りませんね・・・。

     他にもこの作品の柱は、田舎に残る兄と外に出て好きなことで成功している弟の関係でしょう。弟は成功しながら、ある面では兄に対して嫉妬している。これは稔と猛の関係、父である勇とその弟の早川弁護士の関係で分ります。兄弟の関係は尊敬であったり、ライバルであったり、その関係は「ゆれる」もんだなと思いますね。

     それにしても、本作の香川照之はいいなぁ。裁判所が進むにつれて、疲れやあきらめ、ちょっとずつ普段の兄ではなくなっていく姿がしっかりと演じられています。ホント、いい役者さんだな。

     
    <スタッフ>
    監督・原案・脚本:西川美和
    音楽:カリフラワーズ

    <キャスト>
    早川猛(弟):オダギリジョー  早川稔(兄):香川照之
    早川勇(父):伊武雅刀  岡島洋平:新井浩文
    川端智恵子:真木よう子  丸尾明人検察官:木村祐一
    船木警部補:ピエール瀧  裁判官:田口トモロヲ
    早川修弁護士(勇の兄):蟹江敬三


    スポンサーリンク



    コメント
    友達が主催したライブに西川美和監督来てましたよ。ゆれるとディアドクターの音楽担当をしたバンドを見に来てました。ゆれるの時はカリフラワーズ、解散してディアドクターの時はモアリズムとしてやってます。ディアドクターの主題歌、笑う花は名曲なんで機会があったら聴いて下さい。
    • スギ
    • 2009/12/18 8:26 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM