スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    スポンサーリンク


    • 2015.11.30 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    読書日記 『考えがまとまる!マインドマップ実戦勉強法』

    0

       萩原京二さんの前著『マインドマップ資格試験勉強法』は資格試験獲得に特化したマインドマップの使い方を紹介した本でありまして、かなりの良書だったと記憶しております。本書『考えがまとまる!マインドマップ実戦勉強法』は資格試験のみだけには収まらず、普段の仕事に役に立つマインドマップの使い方事例が豊富に紹介されております。
       本書の中でマインドマップの展開は市場の導入期という第1ステージを終え、成長期たる第2ステージに突入したと書かれております。つまり、マインドマップが日常で使われるということが浸透してきており、マインドマップの基本ルールを紹介する段階は終わり、その向こうのいかにマインドマップを活用するかということを紹介する段階にきたということ。

       現在は情報社会から知識社会へと変化してきている。いかに情報を活用するかが問題。マインドマップを利用して、情報を活用しようというのが本書のコンセプト。今の時代、情報を持っているだけでは全く意味がないのである。

       読書力とは「スピード×理解度×情報の活用」。本を速く読むだけではなく、いかに情報を理解し、活用するかが問題。本書ではフォトリーディングがメインではないのですが、読書に関しての記述についてはかなり突っ込んでフォトリーディングを紹介しています。マインドマップとフォトリーディングの相性は抜群。双方の力を引き出せば、これからの社会において大きな武器になるのは間違いない。
       また、本に書いてあることを正しく受け取るだけでは足りない。その情報を自分なりを再編集することによって思考や行動を変えていくことがこれから求められている。

       資格試験において重要なことはたった3つ。「やるべきことを明確にする」「スケジュールをしっかりたてる」「決めたことを実行する」の3つ。もっと簡単に言えば、やるべきことをしっかりやればいい。これは決して簡単なことではないのですが、これまでに究極的に単純化されると逆に楽かも。
       具体的なマインドマップの活用法は前著『マインドマップ資格試験勉強法』に徹底的に紹介されているのでそちらを参考にしたほうがいいかも。

       人生を成功に導く5つのキーワードは「バランス感覚をもつ」「直観を大事にすること」「可能性を信じること」「多様性を認めること」「楽しむこと」。この5つのキーワードを実現するためにはマインドマップを利用すれば近道。確かに、マインドマップにはこの5つを実現する可能性をもっているのは確か。ただし、マインドマップは単なる道具の一つに過ぎないのであり、結局いかに活用するかは自分次第。本書では豊富な事例を紹介しており、その手助けをしてくれるのは間違いないでしょう。全てのマインドマッパーが手に取るべき本と言っても過言ではないんじゃないでしょうか。


       目次は。



      プロローグ 「マインドマップ実戦勉強法」であなたの人生が劇的に変わる!
      第1章 マインドマップなら考えがまとまる!伝わる!
      第2章 「仕事力」を加速させる8つのビジネスマインドマップ
      第3章 「読書力」が身につくトップダウン式マインドマップ
      第4章 「資格試験」に自動的に合格できるナビ式マインドマップ
      第5章 人生で成功するために必要な5つのキーワード

      スポンサーサイト

      0


        • 2015.11.30 Monday
        • -
        • 20:25
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        スポンサーリンク

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM