映画鑑賞日記 『パラノーマル・アクティビティ』

0

     ちょっと前に劇場公開されたけど都合がつかなくって足を運べなかった本作『パラノーマル・アクティビティ』。なんでも製作費135万円のこの映画が95億円の興行収入を得たといううたい文句。予告編を観ても非常に魅かれるし、観客の絶叫なんかを聞くとさぞ恐ろしい映画なんだろうと気になっていたところにレンタル開始。お盆という微妙な時期にホラーというのも悪くないかとさっそく見てみました。

     物語自体はあってないようなもんで、設定ありきの作品。
     超常現象が頻繁に起こる家に、それを解明しようと24時間体制でのビデオ撮影。そこに映っていた数々の恐怖・・・、というのが全ての内容。
     映画の手法としてはいわゆるモキュメンタリ―で、昔話題になった『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を思い出され、当時の記憶と比較してみると本作の方が完成度は高いかなと。

     どれくらい恐かったかと言うと、正直それほど恐い映画ではなかったかなと。ジャパニーズ・ホラーのほうがよっぽど恐いですな。それでも、じわじわとラストへ向けて恐怖が増していくというのは他の作品にはあまり感じられない恐怖。ラストシーンで一気に爆発って感じです。
     ちなみに、DVDには劇場公開版と、未公開版という2種類のエンディングが収録されているんですが、個人的には劇場版のほうが断然によかったかなと思います。未公開版のほうが最後に「うぇっ~」って声出してしまいましたが。
     
     個人的な評価としては、面白かったけどわざわざ映画館に行くほどでもなかった作品だなというくらいです。


    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM