映画鑑賞日記 『BECK』

0

     先日『BECK』の原作マンガを大人買いして一気読みしたんですわ。確かに原作は素晴らしく面白かったんで、その勢いで公開中の映画も観に行ってきたのでその感想を。

     まず個人的な評価としては5点満点中1点というところかな。はっきり言ってつまらなかった。これから観に行くに人には悪いですが。
     第一がっかりしてしまったのが、天才的な歌声をもつコユキの唄の表現。音の出ないマンガという媒体で、あれほど天才的な歌声を想像させてくれた原作に対して、表現方法としてはマンガよりも多いと思われる映画において、まったく伝わってこなかった。まさかカラオケで、歌声を入れず、嵐とか、目のアップとかで表現しようとしたとは思わなかった。この物語の核の一つであるコユキの唄の表現でここまでどうしようもない手を使ったことで、この物語全てを駄目にしてしまったと言えそう。
     そして、物語自体も原作を忠実に追うとしたのか、結局は忠実な物語ではないんですが、非常に無理のある展開。無理やり時間内に押し込めた感は否めない。
     良かったなと思ったのは、BECKのメンバーのキャストが結構イメージ通りだったこと。竜介役の水嶋ヒロをはじめ、平くん役の向井理、なにより千葉くん役の桐谷健太がかなり良かった。特に桐谷のラップがかっこよくて、コユキの唄がない分とても目立っていたかな。その一方で、原作に似せよう似せようとして不自然になってしまったレオン・サイクスと、エディ役の外人が最低だったな。エディは全然カッコ良くないし、むしろ気持ち悪いくらいだったもんな。
     音楽はレッチリとオアシスでとてもかっこいいんだけど、それも映画の内容を考えると上辺だけになっちゃってんだよなぁ。残念。

     ちょっと原作の面白さに期待しただけに拍子抜けした感じ。原作を知らなかったらそれなりに楽しめたかも。


    <スタッフ>
    監督:堤幸彦

    <キャスト>
    水嶋ヒロ  佐藤健  桐谷健太  忽那汐里  中村蒼  向井理


    スポンサーリンク



    コメント
    確かに酷かった…マンガほどじゃないとしてももっと何とかできましたよね
    • スギ
    • 2010/09/24 12:30 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM