10.3 『Gi 2010』

0

     今回で最後の大会となるという『Gi』。個人的にはこういったマニアックな大会は続けていってもらいたかったな。好きな人にとってはたまらないんだけどな、グラップリングって。

     それにしても内容が濃い大会だったようでして。個人的には徹肌ィ郎が出場しているNO−GI無差別級トーナメントがメイン。若き天才・佐々木憂流迦選手も出ていたし、注目していたんだけど、やっぱりアブダビベスト4の実力は本物だったようで徹肌ィ郎が優勝。衰えをまだまだ感じないな。

     今回はこの大会の常連選手のK太郎選手も出ていなかったし、植松選手も欠場。八隅孝平選手や山田崇太郎選手が参戦した無差別級トーナメントを観たいな。というか、ハファエル・メンデスと徹肌ィ郎がみたい。確か八隅選手も敗れているし、鉄壁の守備力をもつ徹肌ィ郎がどこまで通用するかみたいなぁ。 


    第1試合 アダルトプルーマ級 6分1本勝負
    ○ 阿部ミケール vs. × 山田秀之
    4-2

    第2試合 アダルト黒帯ガロ級トーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 芝本幸司 vs. × 泊憲史
    0-0/AD1-0

    第3試合 アダルト黒帯プルーマ級トーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 金古一朗 vs. × トモヒロック☆84
    6-4

    第4試合 GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 小澤幸康 vs. × 高橋計康
    一本 3分10秒 ※送り襟絞め

    第5試合 GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 入来晃久 vs. × 山本健一郎
    0-0/AD2-0

    第6試合 GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 中山徹 vs. × 大塚ヒロアキーニョ
    7-0

    第7試合 GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 時任拓磨 vs. × 井上健一郎
    5-0

    第8試合 NO-GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ マテウス・イリエ・ネキオ vs. × 西林浩平
    一本 4分16秒 ※腕絡み

    第9試合 NO-GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 佐々木憂流迦 vs. × 岩本康義
    一本 5分14秒 ※チョーク

    第10試合 NO-GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 高橋計康 vs. × 飛猿☆NO.02
    一本 2分49秒 ※フロントチョーク

    第11試合 NO-GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 徹肌ィ郎 vs. × 若林琢磨
    一本 3分00秒 ※チョーク

    第12試合 アダルト黒帯ガロ級トーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 北出拓也 vs. × 泊憲史
    2-0

    第13試合 アダルト黒帯プルーマ級トーナメント
    1回戦 6分1本勝負
    ○ 松本義彦 vs. × トモヒロック☆84
    一本 4分28秒 ※送り襟絞め

    第14試合 GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    準決勝戦 6分1本勝負
    ○ 小澤幸康 vs. × 入来晃久
    2-0

    第15試合 GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    準決勝戦 6分1本勝負
    ○ 時任拓磨 vs. × 中山徹
    4-0

    第16試合 NO-GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    準決勝戦 6分1本勝負
    ○ マテウス・イリエ・ネキオ vs. × 佐々木憂流迦
    4-2

    第17試合 NO-GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    準決勝戦 6分1本勝負
    ○ 徹肌ィ郎 vs. × 高橋計康
    一本 2分27秒 ※センタク挟み

    第18試合 女子アダルト-56.5kg契約 6分1本勝負
    ○ 富松恵美 vs. × 茂木康子
    2-0

    第19試合 アダルト黒帯ガロ級トーナメント
    決勝戦 6分1本勝負
    ○ 芝本幸司 vs. × 北出拓也
    2-0

    第20試合 アダルト黒帯プルーマ級トーナメント
    決勝戦 6分1本勝負
    ○ 松本義彦 vs. × 金古一朗
    2-0

    第21試合 GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    決勝戦 6分1本勝負
    ○ 小澤幸康 vs. × 時任拓磨
    2-2/AD1-1
    ※時任に警告が与えられたため、小澤が勝利

    第22試合 NO-GI無差別級ジャパンオープントーナメント
    決勝戦 6分1本勝負
    ○ 徹肌ィ郎 vs. × マテウス・イリエ・ネキオ
    4-2


    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM