マンガ日記 『さよならもいわずに』 上野顕太郎

0

     『このマンガがすごい!2011』でオトコ編で3位を獲得した本作。
     正直、この上野顕太郎の作品は読んだことなかったんだけど、この本の紹介を読んでみて、愛する妻が突然亡くなった時に表現者はどのような方法を使うことで、その自身の心の内を表現するのかということに興味を持って本作を手に取ったというわけ。

     上野顕太郎という作者が、普段どのような表現方法を使っているのかは分りませんが、その持てる技術・考えを駆使して自分の悲しみを表現したというのはビシビシ伝わってきます。そして、おそらくは全てを表現しきれない悲しさも伝わってくるような感じです。確かに、マンガという媒体を使って表現する方法としてこれ以上のものはないのではないかと思ってしまいました。
     ただし、この「最愛の妻をなくして、その悲しさを作品にぶつけたい」という背景がなければ、逆に技術先行型になってしまって、作品の内容を無視した目につくだけの作品になってしまった危険もあるんじゃないかなと思います。

     内容は、作者・上野顕太郎の最愛の妻に突然起こった悲劇。そして、残された上野自身の心情を描いたもの。
     つい自分の身に起きたことだったら、逆に自分が死んで残された家族はどうなるのか、などと本作を読みながら想像してしまいました。結局、起きてからでは遅いんだよね。今、何ができるか、何をすべきかを考えて、行動しておかなきゃならないんだよね。あとから後悔してもしかたがないし。本作を読んで、そう思うしかなかったなぁ。
     
     本作は僕個人の意見でいえば名作とは言えなかったです。きっと、上野顕太郎自身も、これを名作にしようと思ったわけでもないだろうし、名作になってほしいと思っているわけではないと思います。ただ、何かを残したかった。何かを残すとしたら、作品しかなったというんだと思います。
     ただし、個人的に名作ではないと言っても、僕の心に何かをストレートに伝えてくれたのは確実だし、自分の身に重ねることで、今の生活がいかに恵まれているのかを感じさせてくれた作品のわけでして、心に残る作品の一つであることは間違いありません。


    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM