マンガ日記 『のりりん (2)』 鬼頭莫宏

0
     昨日に引き続き『のりりん』の第2巻。
     第1巻はプロローグ的な感じだと思ったんですが・・・、第2巻もプロローグな感じ。たぶん、こんなペースでずるずる(だらだら?)物語が進んでいくみたい。別に面白くないということではなく。
     一応、ロードでの勝負をしなきゃいけなくなった主人公・丸子の、勝負に向けての準備を描いているということで、ひとつの山場に向かっているということにはなるんでしょうが、どうもそういう感じはしない。
     むしろ、作者が一生懸命になって自転車、その中でもロードの楽しみを紹介してくれている感じでして、ちょいと説明くさい展開ではありますが、興味深い内容でもあります。実際に、僕もちょいとロードをやってみたいと思ったのは事実。ただし、そのかかる金額を想像するだけで一瞬にしてやろうという気持ちは消え去りましたが・・・。

     さて、主人公の丸子が自転車を嫌がる理由もそろそろ話に出てきそうだし、第3巻も楽しみ待てそうです。
     そうそう、先日、コンビニでイブニングの表紙が「のりりん」だったんですが、鬼頭作品が表紙になるってちょっと想像できなかっただけに思わず手に取ってしまいました・・・。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM