息子さんの誕生日プレゼントにオリジナル三線を。 その3

0

     配色は決定した三線。
     やるからには完成度を高いものを目指さなければならない。

     まずは道具を調達にいく。
     購入したものは、250番台から1800番台くらいまでの紙ヤスリを大量に。そして、水性のカラースプレーを3色。店員に聞くと、ある程度ヤスリをかけた木面ならばスプレーで十分にきれいになりますよ、と言われるがより高い完成度を目指さなきゃならないので、店員のアドバイスは無視し、木が塗料を吸い込むことによるムラをなくすためにとの粉も購入。これでほぼ万全。

     まずは表面を250番のヤスリで擦る。つるっつるになるくらいまで。ホントは最初っからかなりきれいにヤスリをかけられていたので、ここら辺まで問題なし。

    ウッド三線2.JPG

     試しに棹を胴に突っ込んでみたら・・・。
     なんと!棹が当たる胴の部分が丸みを帯びているために隙間ができている。3000円だし、まあいいかというのは高い完成度を目指すものとしては考えてはいけない。安くてもデザインがよく、かつ音も良いというのをあくまで目指さなければならない。このままだと、音の響きに影響があるかもしれないんで、カンナと荒いヤスリで納得いくまで修正を入れる。

    ウッド三線3.JPG

     なんとか納得いくまで削ったんで、次の工程へ。
     ちなみに、納得いくまで削った写真は撮り忘れた・・・。


    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM