マンガ日記 『G戦場ヘヴンズドア』

0
     かなり久々の更新。一度サボっちゃうとどうでもよくなっちゃって。てーか、3月の震災以降、本を読むという行為から遠ざかっちゃって。なにがどうしてっていう理由はないんだけど、それまでの習慣というか、続けてきたものが一気に意味がないもののように思っちゃった時期があって、一度そういった状態になってしまうと、元に戻るってのは結構難しいもんなんだなと。
     ということで、久々の更新なんだけど、これも何か理由があって再開したわけじゃないんだけど、ふと再開しようと思っただけ。毎日続くかはわからないし、また直ぐに遠ざかっちゃうかもしれないけどボチボチとマイペースに更新できればなと思ってます。

     で、久々の更新は『G戦場ヘヴンズドア』。2人の少年が運命的に出会い、漫画の世界に入っていくという『バクマン』のような作品。といっても、『バクマン』は1巻の第1話しか読んでいないんでようわかりませんが。
     この『G戦場ヘヴンズドア』は結構前の作品で、たぶんIKKIの初期の作品。IKKIって今はよう知りませんが、初期は名作揃いだったと思います。この『G戦場ヘヴンズドア』も面白いというのは聞いていたんですが、機会がなくてようやく先日読んだというわけ。

     これがまた、面白いを超えて全身に鳥肌が立ったというか。もう、2巻を読み終えた時点で身体から熱いもんがこみ上げてきて無意味に家の中を走り回っちゃったもんなぁ。
     確かに荒削りな作品ではあるんですが、それ以上に熱くなる。全3巻という短い話なんですが、うまく話もまとまっているし、なにより1巻から徐々に面白さが加速していき、ほんとイッキに読めるとはこの作品のようなものを言うんだろうなと思ったりして。
     嫁さんも、ただ涙が溢れて止まらなかったって言ってたもんなぁ。
     あまり話題になっていない作品かもしれませんが、個人的名作に認定だな。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM