映画鑑賞日記 『英国王のスピーチ』

0
    <あらすじ>
     幼いころから吃音で悩んできたジョージ6世。厳格な英国王ジョージ5世は、そんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベスは、吃音を治すために様々な専門家を探すのだが、一向に治る気配がないジョージ。そんな中、スピーチ矯正の専門家ライオネルのもとへ夫を連れていくことになる。
    ジョージ5世が亡くなり、英国王になった兄のエドワード8世は、一人の女性と恋に落ち、その愛を取り、国王を退く。次期、国王となったジョージだが、時は世界大戦前夜。国王として、重要なスピーチを行っていかなければならなかった。


    実話を元に描かれた本作。とても面白く観る事ができました。
    その英国国王としての責務と守らなければならない義務。一人間として苦しむジョージの姿は、一般の人間として決して観る事も、想像する事もできない事実であるでしょう。そこにスポットを当て、いち人間として、ライオネルとの友情が育まれていく姿には感動を覚えました。
    特に、ライオネル役のジェフリー・ラッシュがすっげぇ、いい。ジョージ役のコリン・ファースの、いち人間の苦しみを表現した演技も良かったけど、とにかくジェフリー・ラッシュが良かった。苦しむジョージを見つめるその表情、そしてジョージの本質を認め、偉大な国王になる事を見抜き、信じたその姿をしっかりと表現してくれています。
    あと、ヘレナ・ボナム=カーターが綺麗に年を重ねていて、どこかキュートでかわいらしくって、良かったです。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM