本日は「圓朝まつり」を堪能

0
     本日は「圓朝まつり2006」が谷中全生庵で行われまして、日曜日にもかかわらず8時に起きて暑い中行って来ました。
     「圓朝まつり」は今年で5回目らしいですが、行くのは初めて。そもそも、「圓朝まつり」とは、江戸落語中興の祖・三遊亭圓朝の法要を行っていた「圓朝忌」を、落語家とファンの交流を行うイベントとしてリニューアルされたもの。

     開場10時だったのですが、もう既に人がごった返しており、時間が経つにつれて人は増えるばかり。御世辭にも大きな会場とは言えない谷中全生庵は大混雑でした。

    円朝まつり 朝

     朝はこんな感じ。

    円朝まつり 混雜

     昼過ぎには、こんな感じ。

    スポンサーリンク


     11時30分、6代目柳家小さんお練りが行われました。
    円朝まつり 小さん


     そして、12時30分からは、苦労してやっと取れた奉納落語会の第一部が行われました。

    柳家はん治  「鯛」


    柳家三語楼  「船徳」


     外は地獄のような暑さでしたが、クーラーの効いた部屋で落語を聴いて、大満足でした。

     沢山の芸人さんにサインを頂き、大変楽しんで3時過ぎには会場を後にしました。今回、感じたのは、まず芸人さんの顔と名前が一致しないこと。やはり、寄席に行かなきゃならんですな。基本はやっぱ寄席ですね。芸人を沢山憶え、沢山のネタを聴く。これが今後の目標ですね〜。
     来年も必ず「圓朝まつり」に行きたいですね。可能なら、上方で行われる「彦八まつり」もいつか行ってみたい・・・。

    コメント
    トラックバックありがとうございました。

    昼過ぎは大変な状況だったんですね。
    昨年以上だったかもしれませんね。

    これからも宜しくお願いします。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    圓朝まつり2006今年も盛況!ただし、昨年よりは大分まし。とはいえ暑いことは変わりないので、これからお越しの方は水の準備は怠りなく。私といえば、福扇の福引で1等がでました。寄席招待券3枚でしたので、先の大銀座落語祭の当りとあわせて寄席通い詰めになりそ
    • 私的落語〜だけじゃない〜日記
    • 2006/08/07 7:21 PM

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM