マンガ日記 『監督不行届』

0
    監督不行届
    監督不行届
    安野 モヨコ

     久々に腹を抱えて笑ったマンガに出会いました。現在『働きマン』が大ヒット中の安野モヨコのエッセイ漫画がこの作品。安野モヨコの夫と言えば、『新世紀エヴァンゲリオン』や『ふしぎの海のナディア』の監督として有名な庵野秀明。この作品の内容は、このオタクな庵野秀明との夫婦生活を面白く描いたエッセイとなっております。
     ところで、庵野秀明と安野モヨコが結婚しているということは一般常識なんでしょうか。僕は当然のように知っておりますし、嫁さんも知っておりました。これって、知らない人のほうが多かったらなんだか嫌ですね・・・。もしそうだったら、作中の庵野夫婦のようなオタク夫婦ということになってしまいますねぇ・・・。

     気を取り直して、この作品の主人公といえる監督(もちろん庵野秀明)の奇行が最初っから最後まで描かれているんですが、これはたぶん本当なんでしょうなぁ。前々から庵野秀明という監督は相当変っているというのは聞いたことはあるんですが、これほどとは思いませんでした。
     未読の人の楽しみが少なくなってしまうんで、あまり詳しいことは書くのはよしますが、庵野秀明はキノコを食べない理由が「ばい菌」だからとか、常識を逸した考えをもった人物です。さらに風呂に入らない、服を変えないでも平気等々、普通の人とは明かに違うわけです。
     一歩間違えれば、相当な危険な人物ですが、その事実を安野モヨコが描くとなんと楽しいことでしょうか。庵野秀明・安野モヨコのどちらのファンの人も必読ですな。

     ちなみに、帯のコメントは石田衣良と羽海野チカ。そして、解説文は庵野秀明自身が書いていることにも注目です。

    スポンサーリンク



    コメント
    はじめまして〜トラバありがとうございます。
    このタイトル自体にものすごい衝撃を受けたのが懐かしいです。連載再開してくれないかな、と切に願う作品です。
    • ひめたろう
    • 2006/11/29 10:33 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    {/book/}「監督不行届」安野モヨコ 安野モヨコ初のエッセイコミック。 2002年、マンガ界のクイーン・安野モヨコがオタクの教祖・庵野秀明にヨメ入りした! 庵野秀明は『新世紀エヴァンゲリオン』や『キューティーハニー』の監督であり、「日本のオタク四天王」の一人
    • ミチの雑記帳
    • 2006/11/26 11:50 AM

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM