読書日記 『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』

0
     なかなか刺激的なタイトルですね。内容は昭和的な制度である年功序列と、今新しいものとして出現した成果主義。それぞれの問題点がどう若者に影響しているのか、そして若者のやる気を奪い取っているのかというのを説明しております。
     年功序列が成立する条件として、企業の永続的な成長が挙げられます。企業が成長すれば、企業は拡大し、多くのポストが作られる。そうすれば階段をあがるように年齢を取ればポストにつくことが保証されるというわけです。が、今の経済状況ではこの企業の成長は無理、というか無駄なポストを作る余裕はないと言っていいかも知れません。
     しかし、年功序列が当り前と考えている上の世代はポストにつくこができたとしても、上がってこようとする次の世代にはもうポストがないわけです。つまり、自分の未来の姿はその会社にはなく、数年後も今の自分と同じ仕事をしているという現実に直面するわけですな。大げさに言うとポストについている人間は、ポストにつくことを断たれた若者をこき使うということです。今の年功序列制度は若者を喰いものにして維持しているというわけですな。そういった状態になった時に若者はどうしますか?その会社に残り、定年まで出世する見込もなく今の仕事を続けるでしょうか?

     ちょうど今日発売の『AERA』には視点を変えた特集がされているようです。見出しくらいしか読んでいないので詳しい内容はわかりませんが、タイトルから推測するに「3年で若者を辞めさせない」ための企業側の努力が特集されているようです。ただ本書を読む限りでは、人によって違うとは思いますが、上の年代が言っているように若者の忍耐力が足りなくなってきたということが3年で退社する理由ではないと思います。入社してくるものと企業のミスマッチをなくすのではなく、企業そのものの体制を考えるべきなんではないでしょうか。
     というのも、僕は本書を読んだからこういうのではなく、上の年代や企業側が考えていることとの温度差を実感しているから。それは数年後の約束されたポスト(今や約束はされていないと言えると思いますが)が欲しいのではなく、今の体力も活力も優れている状態で大きな仕事に挑戦したいという気持ちがあるということです。そして何も出来ない古い考えの上の代よりも、僕のほうが新しいことを出来る、結果を残せるという自負があるから。
     そもそも、今の若者は忍耐力がない、少し辞めないような工夫が必要だと考える上の考えこそ古く、そういった考えだから若者のやる気が奪われるんだと思います。それぞれに仕事に意味を持たせていると思いますが、やり甲斐やそれに見合った報酬を得るというのが一番だと思います。それを与えてくれる企業なら多くの人は辞めませんよ、きっと。

     この本に書かれていることが全てが正しいとは思いませんし、年功序列の制度が悪だとは思いません(実際にこの本では一方的な批判ではないですし、業種によって、企業によって年功序列が一番機能するだろうしと書かれています)。でも、何かに挑戦したいと考えている若者にとって、年功序列が弊害になっているということは事実だと思いますし、僕も実感していることです。これからは自己責任の時代です。年功序列に甘んじるのも、競争主義で成功するも失敗するも個人の責任です。まずは、その選択をするのも個人の責任であるということですな。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM