今日のネタ 『黄金餅』

0
     下谷山崎町の裏長屋に住む、金兵衛。このところ、隣に住む願人坊主の西念の具合が悪く、毎日世話を焼いていた。この西念、身よりのない老人だが結構な金をため込んでいるという噂があるのだが、相当なケチで医者にも行かないし、薬も買わない。
     西念が「あんころ餅を食べたい。」というので、金兵衛が仕方なく買ってくると、1人で食べるから帰ってくれと追い出されてしまう。金を出したのは金兵衛なので、腹が立って、なんで1人で食べたがるかと壁の穴から隣をこっそり覗いてみる。
     すると西念、1つ1つ餡を取り除いて、どこからか大量の小粒の金を出してくる。その大量の金を餅で包んで、とうとう全て残らず食べてしまった。食べ終わると急に苦しみだし、そのまま死んでしまった。

     「こいつ、金が気になって地獄まで持って行きやがった」と金兵衛、なんとか金だけ手に入れられないかと考え、焼き場で焼いたあとに金だけ取りだそうと考えつく。そうと決まればもたもたしていられないと、長屋の連中を集めてにわか弔いをし、「西念は身寄りがないから、オレの寺で葬る」と言って、その日のうちに早桶を担いで麻布の木蓮寺までやってくる。ぐうたらの和尚をせかしてお経をあげさせ、長屋の連中を追い返して、桐が谷の焼き場まで早桶を背負ってやってきた。
    火葬人に、「ホトケの遺言だから腹だけナマ焼けにしてくれ」と注文。

     翌朝、焼け終わりに行くと、すぐに腹をさいて、中から金を取りだして、さっさと逃げ出す。後ろから火葬人が「コツはどうすんだ」と叫んでも、「犬にやっちぇ」と金兵衛。

     その後、この金で目黒に所帯を持ち、餅屋を開いて大変繁盛したという。



     『火焔太鼓』に並び、これぞ志ん生のネタと思えるのがこの『黄金餅』。内容だけみるとグロいし、ナンセンスだし、とても笑って聴けるような噺ではないと思うんですが、これが志ん生師匠が演じたら面白い。他に志ん朝師匠が演じたものもCD化されていまして、これも聴くことができますが、これもまたいい。
     でも、この2人ぐらいでしょうかねぇ。他に聴いた記憶がありません。やっぱり、こんなナンセンスな噺をサラリと演じるのは難しいのでしょうかね。ネットで調べますと、CD化はされていませんが小朝師匠が演じたことがあるようです。

     この噺の見所は、下谷から麻布までの道行きの言い立てでしょう。一気に言い立てるのは見事としかいいようがありません。噺的には笑いの山場があまりないような気がするんですが、志ん生師匠の演じるものは面白い。さすがとしか言えませんね。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM