今日のネタ 『らくだ』

0
     町内で乱暴者で鼻つまみの男はらくだと呼ばれていた。このらくだが自分でさばいたフグに当たって死んでしまった。
     そこに兄弟分の男がやって来た。らくだの死体を見つける男。葬式ぐらい出してやろうと思うんだが金がない。そこで家財道具一式を売り払って金を作ろうと考えているところに「くず〜ぃ。」の声。さっそく通りかかった屑屋を呼び込んで買わせようとするんだが一文にもならないと言われる。

     この男、それなら長屋の連中に香典を出させようと思い立ち、嫌がる屑屋を脅して月番のところへ行かせる。長屋連中はらくだが死んだことを聞いて喜ぶが、香典の話しになるとなんであんな奴の為に香典なんかと言い出す。しかし、らくだの兄弟分という凶暴な男が何をするかわからないという屑屋の説得によって、しぶしぶ香典を集めて持っていくことを約束する長屋連中。
     それに味をしめたのか、男は今度は大家に通夜をするから酒と肴と飯を出させようとして、再び大家のもとへ屑屋を行かせる。しかし、大家は今まで店賃を一度も払わなかった奴のためにそんなことは出来ねぇと。もし断ってきたら、死骸にかんかんのうを踊らせて、そのまま死骸を引き取ってもらおうと言ってましたという屑屋の忠告にも耳を貸さず、とうとう屑屋を追い返してしまう。
     それを聞いて怒った男、屑屋の背中にらくだを乗せ、さっそく大家の家の前でかかんのうを踊らせる。ビックリしたのは大家。まさか脅しだと思っていたかんかんのうを本当に踊られてはさすがの大家も降参し、酒と飯を持っていくことを約束する。
     今度屑屋が行かされたのは横町の豆腐屋。早桶変わりに四斗樽を借りてこいというのだ。豆腐屋も断ろうとするが、かんかんのうの話しを聞いたら黙って樽を渡すしかない。

     らくだの家に戻った屑屋。もう解放されるだろうと思っていたが、男に今まで迷惑をかけたからちょうど今届けられた酒でも飲んでいけと言われる。女房、子どもが待っているから帰してくれと頼んでも、男はオレの酒が飲めないのかと脅してくる。
     この屑屋、実は酒乱でもう一杯飲め、もう一杯とやられているうちに逆に「早く注げ、てめぇ。」と男に凄みだす。男もビビりだし、完全に立場は逆転してしまう。
     完全に酔っぱらった屑屋は、らくだの死骸をこのままにしていたら心持ちが悪いから、知り合いの落合の安公に焼いてもらおうと言い出し、死骸の髪を丸めて、樽に押し込んで男と2人で担いで火葬場へ。
     酒を飲んで、完全に酔ってしまっている屑屋と男は、途中死骸を落としたのも気付かない。ようやく焼く段になって死骸がないことに気付いた2人は、どこへ落としたもんかと来た道を引き返す。
     ちょうど願人坊主が酔っぱらって寝ていたのを死骸と間違えて桶に入れて焼き場へ。火を付けると坊主が目を覚まして外へ出てきた。

    「熱い!ここは何処だ?」
    「ここは火屋(ひや)だ。」
    「冷酒(ひや)でいいから、もう一杯。」

     
     『らくだ』という噺は大ネタ中の大ネタ。寄席では滅多に聴ける噺ではないです。先日、さん喬師匠のこのネタを寄席で聴けたのは幸せなことであります。CDでは志の輔師匠、あと記憶にないんですが誰かのを聴いた覚えがあります。上方では6代目松鶴師匠のものが絶品らしいですが、未聴であります。
     大ネタではあるんですが、僕は最後のオチがどうも面白くないと思うんですよね。火屋と冷酒の駄洒落なんですが、完成度が高いと思わない。それよりも志の輔師匠のように屑屋と男の形成が逆転するところで切ったほうがいいんじゃないかなと思うんですよね。あくまでも面白さという面ではね。

     この「らくだ」というあだ名ですが、1821年に両国に見世物としてきたラクダを見た時に、あんなにも大きくても役に立たないと江戸っ子は考えたらしい。そこから体だけでかくって役に立たない者を「らくだ」と言いだしたようです。

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM