読書日記 『あなたもいままでの10倍速く本が読める』

0
     本書はフォト・リーディングを紹介した最初の本となっております。ちょいと前に読んだ『図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める』のほうが図を多用してより分かりやすく説明しているのに対し、本書は体験談などを多く盛り込むことでフォト・リーディングに興味を持ってもらおうという感じなんでしょうか。内容的には『図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める』の薄さで十分説明できるものだと思われます。
     これからフォト・リーディングを覚えよう、または興味があるという方はどちらか1冊を読んでみてあとは実践するというのがいいでしょう。2冊読んでも新しい発見はないでしょう、きっと。無駄なこともなく、すぐに読み終えるということを考えると『図解! 〜』のほうがいいかな。

     このフォト・リーディングの読書法は理にかなったものだと思います。が、残念だなと思うのは本書に書かれている体験記。全て本当の内容だとしてもそれを書くのはマイナスになるんではないでしょうか。「ぱっと、無意識に自分の必要としている部分を開いた。」とか、「フォト・リーディングによって火事を予知できた。」等のスピリチュアル的(使い方間違ってんかな)な体験記を読むとどこかうさん臭く思えてしまうのは僕だけでしょうか。フォト・リーディングによって何らかの感覚が研ぎ澄まされるようになるのかもしれないかもしれませんが、ただ読書法としてこうしたほうが情報を効率的に収集できると書いてくれたほうがすんなり使ってみようかなと思うんじゃないでしょうかね。僕だけでしょうか、そう思うのは?

    スポンサーリンク



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサーリンク

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM